« ブラジルのダニエラ・シカレリ その2 ビルボード。 | Main | サッカー・ブラジル代表 在庫一掃 その2 カカが通った学校。 »

sábado, 15 de julho de 2006

ブラジル・サンパウロの犯罪組織による襲撃 その3 早くも収束。

7月12日水曜日未明に始まった、犯罪組織によると見られる一連の襲撃事件

ブラジル・サンパウロ州の警察関係施設だけではなく、
一般の商店、銀行、スーパーなどが襲われた。

襲撃の合計は100件を超えているが、その半数は定期バスである。

バス車庫を襲った例もあるし、運行中のバスを襲った例をもある。
乗客や乗務員を降ろした後に、放火して燃やすのである。

不幸なことに、バスを降りるのに手間取って、火傷を負った運転手や乗客もいたことが報道されている。

7月13日木曜日は、
サンパウロ市内のバスの8割が、早朝から運行を見合わせたので
約200万人に影響が出たと言っていた。
16時には運行を再開したのであるが、
100%ではなかった。

元々出勤を諦めたり、別の手段を使った人もいたようだ。

拙宅の近くの幹線道路は、20時頃も渋滞してクラクションを鳴らしている車がいた。
普段は決して渋滞はしない道路である。

この襲撃も、7月14日金曜日になると、かなり収まったようだ。
理由はわからない。

今回は警察が襲撃者と交戦をして、人が沢山死んでいるという報道はない。
死んでいないわけではないが、5月ほどではない。

収まってくれるに越したことはないが、
完全に止むわけではないところが問題だ。

サンパウロ市民も、5月の一連の襲撃事件が発生した時には、かなり行動を控えたようだが、
今回はそれほどでもなかったようだ。
前日にバスが燃やされたヴィラ・マダレーナというレストランやバーが集まっている地区でも、店は繁盛していた。
早くも慣れっこになったようだ。

連邦政府は、1億レアル(52億円)をサンパウロ州に出すと決定した。
半分は犯罪組織についての情報処理に使い、残りは刑務所の強化に使用するということだ。

①今回の襲撃事件が起きる前1週間は、すでに刑務所の職員が毎日何人か自宅前などで殺されていた。
そして、7月11日に起きた事件では刑務所職員の息子が自宅前で殺された。
親に間違われたのではないかと報じられていた。

名前はドウグラスDouglas。
日本から戻ってきたばかりだという。
サッカーをしに行っていたも言っていた。
顔の感じでは、日系人のようではないか姓は日系人のようだった。
Spd20060712w
Spd20060712x

②モトロフのカクテル
襲撃犯はピストルなどの銃器も使うのだが、
銀行やバスの放火の時には火炎瓶を使っている。

ニュースでは、火炎瓶のことを、Bomba caseira手製爆弾とかBomba inflamavel引火爆弾とかと呼んでいる。
だが、時にはcoquetel de Morotovモロトフのカクテルと呼んでいる時がある。
「20060713emcimadahora-molotov.wmv」をダウンロード

このモロトフのカクテルという言い方を、ブラジルでもするので面白いと思った。

日本でも学生運動が華やかりし時には、この言葉を知っている人も多かったのではないかと思うのだが、今や完全に死語になっていると思う。
1950年代から1970年代初頭にかけては、この火炎瓶が日本でも飛び交っていたのだが、今やその戦士達も老境に入っているはずである。

もちろん、火炎瓶のことである。

|

« ブラジルのダニエラ・シカレリ その2 ビルボード。 | Main | サッカー・ブラジル代表 在庫一掃 その2 カカが通った学校。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10950509

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの犯罪組織による襲撃 その3 早くも収束。 :

« ブラジルのダニエラ・シカレリ その2 ビルボード。 | Main | サッカー・ブラジル代表 在庫一掃 その2 カカが通った学校。 »