« サッカー・ブラジル代表 その後 その20 アドリアーノが語る。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その141 第13節終了。 »

domingo, 23 de julho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その140 コリンチャンスが最下位。

7月23日日行われたブラジル選手権第13節第2日目に、サンタ・クルーズSanta CruzがフラメンゴFlamengoに勝利し、パルメイラスPalmeirasがゴイアスGoiásに勝利したことにより、コリンチャンスCorinthiansは、勝点わずか10点で、ブラジル選手権Campeonato Brasileiroの最下位lanternaに転落した。

ジェニーニョGeninho監督に指揮されているコリンチャンスは、この7試合勝利していない(6敗1分)。
最後の勝利は、5月21日にリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroで行われたヴァスコ・ダ・ガマVasco戦である。

今節の結果で、コリンチャンスは7月をブラジル選手権の降格圏で終えることになる。
最終の日曜日(7月30日)にレシフェRecifeで行われるサンタ・クルーズSanta Cruz戦で勝利しても、チームは降格圏内の4チームの中に留まることになる。

コリンチャンスが、降格圏から脱出できるのは8月5日(日)にパカエンブーPacaembu競技場で行われる予定の対アツレチコ・パラナエンシAtlético-PR戦である。

そのためには、2勝しなくてはならないし、前にいるチームの成績も考えなくてはならない。

--------------------------
とうとう最下位になってしまった。
2005年のブラジル選手権の優勝チームなのに。
その時のメンバーだって、ほとんど残っている。

ワールドカップ・ドイツ大会のアルゼンチン代表(マスケラーノとテベス)が2名と、ブラジル代表(リカルヂーニョ)が1名いるのに。

|

« サッカー・ブラジル代表 その後 その20 アドリアーノが語る。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その141 第13節終了。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11079054

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その140 コリンチャンスが最下位。:

« サッカー・ブラジル代表 その後 その20 アドリアーノが語る。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その141 第13節終了。 »