« ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その10 ナス男。 | Main | ブラジルとレバノン。 その2 »

sábado, 22 de julho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その137 コリンチャンスが2得点。

7月22日土曜日16時からサンパウロのモルンビー競技場で、サッカー・ブラジル選手権の第13節の第1日目のコリンチャンス対フォルタレーザ戦が行われた。

コリンチャンスは、現在の順位は19位、そしてフォルタレーザは17位とともに降格圏内にある。
コリンチャンスは、前節まで6連敗で、6試合無得点。

しかし、この試合からは、遂にテベスが戻ってきた。
(コリンチャンスの先発と控え)
Spd20060722zd
Spd20060722ze

(フォルタレーザの先発と控え)
Spd20060722zf
Spd20060722zg

そして、遂にコリンチャンスはこの試合で2得点をあげた。
前半31分に、18才のラモンがゴール。
Spd20060722j

もちろん、テベスも1得点をあげた。

だが、試合は2対2の引き分け。
「20060722sporTVnews-BA13-Corinthians-Fortaleza.wmv」をダウンロード

今日こそはと思ってやって来たファンからは、試合が終わって引き上げるコリンチャンスの選手に大ブーイング。
テベスにも罵声が上がった。

引き分けにもかかわらず、コリンチャンスは暫定ではあるが順位を17位と1つあげた。
次節は、7月30日日曜日にペルナンブコ州レシフェで、サンタ・クルーズと対戦する。
サンタ・クルーズは、最下位のチームである。
--------------------------
ジェニーニョ監督は退陣はしないと、試合後に語った。

|

« ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その10 ナス男。 | Main | ブラジルとレバノン。 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11066418

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その137 コリンチャンスが2得点。 :

« ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その10 ナス男。 | Main | ブラジルとレバノン。 その2 »