« サッカー・ブラジル代表 その後 その12 サンパウロFCのトレーニングセンターが賑わった。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その115 サントスは処罰を減らすことに成功した。 »

sexta-feira, 7 de julho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その114 ロドリゴ・タバタは親善試合を喜んだ。

サントスSantosは、7月8日土曜日11時に、ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンチのミネイロンMineirão競技場でブラジル選手権の後半に備えての3試合目の親善試合を行う。
あいては、現在セリエBSérie Bで戦っているアツレチコ・ミネイロAtlético Mineiroである。

ワールドカップ・ドイツ大会の期間中にサントスは、ポルツゲーザPortuguesaとバルエリBarueriとユニーフォームを着ない練習試合を行った。
今回は、公式の親善試合である。

MFロドリゴ・タバタRodrigo Tabataはこの試合は選手を元気づけるという。
この一ヶ月ほとんど身体作りばかりで、全ての選手が望んでいることがボールに触れることである。

「みんなにとって試合に試合が出来てとても良い。 もっぱら身体造りのトレーニングを行って、この親善試合は筋肉の状態を良くするのに役に立つ」と、ロドリゴ・タバタはコメントした。

----------------------------
サントスのインタビューでは、このところロドリゴ・タバタのコメントが多い。
それだけ注目されているということだろう。

|

« サッカー・ブラジル代表 その後 その12 サンパウロFCのトレーニングセンターが賑わった。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その115 サントスは処罰を減らすことに成功した。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10823120

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その114 ロドリゴ・タバタは親善試合を喜んだ。:

« サッカー・ブラジル代表 その後 その12 サンパウロFCのトレーニングセンターが賑わった。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その115 サントスは処罰を減らすことに成功した。 »