« サッカー・ブラジル代表 その後 その28 ロナウドがドゥンガ新監督について語る。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その144 コリンチャンスの社長は語る。 »

terça-feira, 25 de julho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その143 社長がコリンチャンスのトレーニングに現れた。

危機の中に不在だと批判されていた、コリンチャンスCorinthiansの社長のアルベルト・ドゥアリビAlberto Dualibが、7月24日月曜日にコリンチャンスのトレーニングに顔を出した。
副社長のネジ・クリーNesi Curyも一緒だった。
Spd20060724c
Spd20060724d

アルベルト・ドゥアリビは選手達とも監督のジェニーニョGeninhoとも会話をした。
コリンチャンスの広報担当者は、社長はグループの連帯を示すためにトレーニングにやって来たと説明した。
コリンチャンスは、ブラジル選手権では勝ち点10で最下位である。

トレーニングにまた存在を示したものは、コリンチャンスのファン組織の一つの構成員であった。
コリンチャンスの控えとジュニアの練習試合の間、彼らは抗議の大声を上げていた。
しかし何の混乱も起きなかった。
Spd20060724f
Spd20060724e

--------------------------
コリンチャンスの正選手は、この日のトレーニングではグラウンドには出なかった。
ジムにいた。

--------------------------
アルベルト・ドゥアリビは、久しぶりに練習を見たのだが、
とにかく顔を出したので、
その後に役員を集めて、
2ヶ月間欧州にずっといるコリンチャンスのパートナーの
MSIの社長キア・ジョオラビシアンのことを批判した。
Spd20060725b

コリンチャンスには「指揮者」がいないと言っていた。

|

« サッカー・ブラジル代表 その後 その28 ロナウドがドゥンガ新監督について語る。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その144 コリンチャンスの社長は語る。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11094126

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その143 社長がコリンチャンスのトレーニングに現れた。:

« サッカー・ブラジル代表 その後 その28 ロナウドがドゥンガ新監督について語る。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その144 コリンチャンスの社長は語る。 »