« サッカー・ブラジル杯 決勝 その1 フラメンゴ対ヴァスコ・ダ・ガマ | Main | サッカー・ブラジル代表 その後 その18 カルロス・アルベルト・パヘイラが代表監督職を返還。 »

quinta-feira, 20 de julho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その131 ニウマールの体脂肪率。

コリンチャンスCorinthiansのトレーナーfisiologistaのレナット・ロツフォRenato Lotufoが、サンパウロFCのトレーナーfisiologistaのトゥリビオ・レイチ・ヂ・バホスTuríbio Leite de Barrosの見方に反応した。
ニウマールNilmaの以前のデータは知らないが、いまの4.02%に疑問を示し、トゥリビオ・レイチ・ヂ・バホスはこの数字は栄養の問題があることを示していると明言した。

「栄養の問題はない。 パーセントは実際を示していない。 彼の体重をみて、栄養士は高カロリー食を与えている。 ニウマールは全ての事項で良い。 もっともスピードがある。 筋肉も強く、耐久力がある。 すべてFWに必要なものだ」と、レナット・ロツフォは説明した。

--------------------------
何故、サンパウロFCのトレーナーが、ニウマールの数値を知ったのかはよくわからない。

コリンチャンスのレナット・ロツフォが何を言っても、ニウマールが来年にならないと復帰しないのも悲しい事実だ。

|

« サッカー・ブラジル杯 決勝 その1 フラメンゴ対ヴァスコ・ダ・ガマ | Main | サッカー・ブラジル代表 その後 その18 カルロス・アルベルト・パヘイラが代表監督職を返還。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その131 ニウマールの体脂肪率。:

« サッカー・ブラジル杯 決勝 その1 フラメンゴ対ヴァスコ・ダ・ガマ | Main | サッカー・ブラジル代表 その後 その18 カルロス・アルベルト・パヘイラが代表監督職を返還。 »