« ブラジル・サンパウロの犯罪組織による襲撃 その2 バスが止まった。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その121 ルイゾン、初得点。 »

quinta-feira, 13 de julho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その120 やはりコリンチャンスは帰れない。

ワールドカップ・ドイツ大会による中断を終えて、7月12日水曜日に再開したブラジル選手権Campeonato Brasileiroで、早速負けたコリンチャンスCorinthians。

5試合連続450分間、得点がない。

コリンチャンスCorinthiansの本拠地は、サンパウロのパカエンブー競技場Estádio do Pacaembuであるが、今年の5月4日の試合を最後にパカエンブー競技場では試合をしていない。
ファンが怖くて、そのファンが来ないところで試合をしている
つまり逃げ回っている

そして、再開後に最初にパカエンブー競技場でおこなわれる予定であった試合が、本当にパカエンブー競技場で行われるのかどうかに注目していた。
最初に行われる試合は、7月22日土曜日のフォルタレーザFortaleza戦であった。

今日7月13日木曜日に、ブラジル選手権Campeonato Brasileiroを主催するブラジルサッカー協会CBFは、やはり競技場の変更を発表した。

パカエンブー競技場に替わる競技場は、モルンビー競技場Estádio do Morumbiである。
開始時刻は、18時10分で変更はない。

変更の理由は、サンパウロ州サッカー協会Federação Paulista de Futebolの判断ということである。

----------------------------
パカエンブー競技場で試合が行われていないので、
4月の末に公式戦を見に行ったのが最後である。

モルンビー競技場やパレストラ・イタリア競技場まで出かけていく気はしない。

歩いていけるからこそ、パカエンブー競技場に行っていたのだ。

サッカー観戦の費用は、パカエンブー競技場の場合は一番高い席で40レアル(約2200円)。
これが1ヶ月に4試合も行われると結構な出費になるのだが、
5月からは支出が無い。

|

« ブラジル・サンパウロの犯罪組織による襲撃 その2 バスが止まった。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その121 ルイゾン、初得点。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10930443

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その120 やはりコリンチャンスは帰れない。 :

« ブラジル・サンパウロの犯罪組織による襲撃 その2 バスが止まった。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その121 ルイゾン、初得点。 »