« ブラジル・サンパウロの刑事裁判所。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その137 コリンチャンスが2得点。 »

sábado, 22 de julho de 2006

ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その10 ナス男。

ワールドカップ態勢だったために、随分ずれてしまったが、6月17日土曜日に、ブラジル・サンパウロでおこなわれた「ゲイ・パレード」の番外編である。

ゲイ・パレードには、テレビ局も当然取材に来るのだが、ニュースで流されるだけである。
パレードそのものが番組になることはない。

そういった中に、別のテレビクルーがいた。

撮影が終わった後で、ちょっと休んでいた。
その中に、とある番組のとあるコーナーの出演者がいたのを発見した。
Spd20060617w

この出演者は、今年になってからこの番組に出来たコーナーに出演している。
「ナス男」として、とても有名な人である。

一緒に写真を撮ってもらう人たちがいっぱいいた。
Spd20060617x

この「ナス男」は、あちこちの人が集まるところに出かけて、いつもサングラスをしていて、携帯電話を片時も離さず、ただそこいらを歩き回るだけなのである。

この「ナス男」の出演する番組は、redeTV!局が放送している、ブラジルで最も下品で馬鹿な番組panico na TVである。
サブリナ・サトウSabrina Satoが出演している番組である。

そのpanico na TVの各コーナーの中でも、最もくだらなく、品がないので今までは紹介しなかったのである。
この日のロケは、番組ではこのようになっていた。
「20060618paniconaTV-HomenBerinjela.wmv」をダウンロード

日曜日の20時からの2時間番組である。
もちろん地上波である。
このコーナーがすでに半年以上も続いているのである。

|

« ブラジル・サンパウロの刑事裁判所。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その137 コリンチャンスが2得点。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その10 ナス男。:

« ブラジル・サンパウロの刑事裁判所。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その137 コリンチャンスが2得点。 »