« サッカー・ブラジル選手権2006 その143 社長がコリンチャンスのトレーニングに現れた。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その145 テベスにオファーが2つある。 »

terça-feira, 25 de julho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その144 コリンチャンスの社長は語る。

コリンチャンスCorinthiansの社長アルベルト・ドゥアリビAlberto Dualibは、7月24日月曜日に選手の前に現れて、監督のジェニーニョGeninhoや選手達と話しをし、記者会見で監督への支持を明らかにした。
Spd20060725a

「責任は、みんなにある。 みんなで勝って、みんなで負ける」と、アルベルト・ドゥアリビは明言した。

アルベルト・ドゥアリビは、またサッカー部門にもっとより接近するするようにすると言い、次の日曜日には一緒にレシフェRecifeに行くと約束した。 コリンチャンスは、サンタ・クルーズSanta Cruzと対戦することになっている。

「我々が危機のまっただ中にいるのは明らかだ。 しかしすでに2-3回は過ぎてきた。 我々の経験はとても大きい。 我々は素晴らしい技術委員会を持っている。自分は短い期間で我々は回復し、順位を上げ、この状況を脱すると確信している」と、アルベルト・ドゥアリビは1987年のサンパウロ州選手権でのいたような状況を過ごしたことを思い出していた。

最後に、アルベルト・ドゥアリビはクラブの計画は降格圏を脱出することだけではなくいっぱいあると明言した。

「南米杯の出場権を得るところ、果てはリベルタドーレス杯南米選手権の出場権を得るところまでの上位に行くために戦おう」と、アルベルト・ドゥアリビは言った。

----------------------------
ここに来て、急にアルベルト・ドゥアリビが張り切り始めた。

5-6月と行方不明だったのに。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その143 社長がコリンチャンスのトレーニングに現れた。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その145 テベスにオファーが2つある。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11103598

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その144 コリンチャンスの社長は語る。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その143 社長がコリンチャンスのトレーニングに現れた。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その145 テベスにオファーが2つある。 »