« サッカー・ブラジル選手権2006 その139 ルイゾンの将来。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その140 コリンチャンスが最下位。 »

domingo, 23 de julho de 2006

サッカー・ブラジル代表 その後 その20 アドリアーノが語る。

ワールドカップ・ドイツ大会でのブラジルBrasil対フランスFrança戦が終わった時、ファンはブラジル選手が試合の中で全く力を出さなかったと感じていた。
7月23日日曜日、FWアドリアーノAdrianoがファンの言うことに道理があると言った。

「グラウンドの中でやる気が少し足りなかった」と、イタリアItáliaに向かって出発する前に、リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroで記者会見をして、アドリアーノは話した。
Spd20060723c

アドリアーノが来ていたTシャツにはの"Joga Bonito"のフレーズがプリントしてあった。
アドリアーノ自身が言ったとおり、ワールドカップでのブラジル代表の動きにはなかったものだ。

「チームは勝つために全力を尽くした。 しかし良いプレイはなかった。 批判はもっともだ。 我々は持っているもをみせることが出来なかったので、謝るだけだ」と、明言した。
そして、ドイツAlemanhaで全く弱かったのにもかかわらず、リオ・デ・ジャネイロでの休暇の間は人々に優しくしてもらえたと付け加えた。
 
ブラジル代表からカルロス・アルベルト・パヘイラ監督が去ったとことについて、アドリアーノAdrianoは監督職について何の楽観視もしていなかったといった。
パヘイラParreiraとチームで最近の時を過ごした得点王のアドリアーノは、監督を弁護した。

「パヘイラはブラジル代表にむいた特色を持った監督だ。 冷静で信頼が置ける。 基本的なことだ」と分析した。

--------------------------
アドリアーノは、いつブラジルに戻ってきたのかな。

アドリアーノの休暇中の様子など、報道されなかった。

アドリアーノは、ワールドカップ中に生まれた息子にはあったことだろう。

4年後はきっと大活躍をしてくれることだろう。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その139 ルイゾンの将来。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その140 コリンチャンスが最下位。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 その後 その20 アドリアーノが語る。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その139 ルイゾンの将来。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その140 コリンチャンスが最下位。 »