« サッカー・ブラジル選手権2006 その196 マスケラーノが戻った。 | Main | ブラジル・サンパウロの犯罪組織による襲撃 その6 襲撃は続いている。  »

quarta-feira, 9 de agosto de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その197 ルイゾンが何が何でも勝たなければならないと語る。

フラメンゴFlamengoは、8月5日(土)に行われたブラジル選手権第15節の対ゴイアスGoiás,戦で1対0と勝利して、降格圏から脱出できたばかりであるが、ルイゾンLuizãoはチームの順位に全く満足していない。
勝ち点17点で、フラメンゴは15位にいて、まだ危険なエリアに近い。

次節の第16節は、フラメンゴFlamengoは8月12日(土)18時10分にマラカナMaracanã競技場でポンチ・プレッタPonte Pretaと対戦する。
ルイゾンLuizãoは、12位にいるポンチ・プレッタに勝つ義務があると言った。
フラメンゴの得点王のルイゾンは、ファンがまた沢山やってくることを期待している。

「我々は大事な3点を先週の土曜日に獲得できた。 多くのファンが我々を力づけてくれた。 我々の住院はまだまだ心配だ。 それでホームでポンチ・プレッタPonte Pretaに、そしてアウェイでフィグェイレンシFigueirenseに勝つ義務がある」と、ルイゾンLuizãoは言った。

--------------------------
ルイゾンがやる気だ。
まだまだ出場する気のようだ。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その196 マスケラーノが戻った。 | Main | ブラジル・サンパウロの犯罪組織による襲撃 その6 襲撃は続いている。  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11363821

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その197 ルイゾンが何が何でも勝たなければならないと語る。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その196 マスケラーノが戻った。 | Main | ブラジル・サンパウロの犯罪組織による襲撃 その6 襲撃は続いている。  »