« サッカー:終わりがないニウマールの移籍話。 | Main | サッカー:リカルド・オリヴェイラはベッチスへ。 »

sexta-feira, 11 de agosto de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その200 ロドリゴ・タバタが外された。

8月6日(日)に、ヴィラ・ベルミロVila Belmiroで行われたブラジル選手権第15節の対インテルナシオナウInternacional戦で2対1と勝ったにもかかわらず、サントスSantosの監督ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴVanderlei Luxemburgoは、チームの出来に満足はしていなかった。
ほとんど負けそうで、逆転できるまでは息が詰まりそうだった。

ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴは、8月10日(木)王様ペレ・トレーニングセンターCT Rei Peléで戦略トレーニングを指揮した。
Spd20060806s
(参考画像:8月6日)

8月13日(日)の18時10分からクリチーバCuritiba.で行われる対パラナParaná Clube戦には選手を替えることを見せた。

MFロドリゴ・タバタRodrigo Tabataはポジションを、正選手としてトレーニングをしていたMFアンドレAndréに奪われるに違いない。
DFマンスールManzurもまた外されていた。
彼のポジションでは、ドミンゴスDomingosがトレーニングしていた。

「ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴは、誰がチームに良いが探している。 自分はチームを出るほど悪くはない。 出るとしても、問題はない。  オプションとして、チームに尽くす」と、ロドリゴ・タバタはコメントした。
Spd20060804q
(参考画像)

--------------------------
なんとあっさりとしたロドリゴ・タバタのコメントか。

ロドリゴ・タバタは、対インテルナシオナウ戦では、早くに交替させられていた。

|

« サッカー:終わりがないニウマールの移籍話。 | Main | サッカー:リカルド・オリヴェイラはベッチスへ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その200 ロドリゴ・タバタが外された。:

« サッカー:終わりがないニウマールの移籍話。 | Main | サッカー:リカルド・オリヴェイラはベッチスへ。 »