« サッカー・ブラジル選手権2006 その251 マスケラーノが退場。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その253 コリンチャンスのアルベルト・ドゥアリビ社長は欧州へ。 »

segunda-feira, 28 de agosto de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その252 ファンはもうテベスを捨てた。

テベスTevezが、アルゼンチンのテレビのインタビュー番組"Fox Sports"に出演して、「ファンが望むならばコリンチャンスに戻るかも」と明言したあと、コリンチャンスのファンは8月27日(日)にパカエンブーPacaembu競技場で、対グレミオGrêmio戦が始まるちょっと前に、アルゼンチン人のアイドルはもうパルケ・サン・ジョルジParque São Jorgeでの大好きな人ではないことを表した。


全ての選手とエーメルソン・レオンEmerson Leão監督の名前を呼んだあとに、コリンチャンスのファン組織は嫌みたっぷりにテベスをけなした。
競技場全体にこだまし、全てのそこにいたファンも手伝った。

「カルリットス出て行け。 コリンチャンスはもうおまえを必要としない」
- Carlitos vai se f..., o Corinthians não precisa de você.

コリンチャンスの試合では、テベスの背番号のユニフォームはとてもよく見られたが、見たところとても少なくなっていた。

-------------------------------
試合が始まる前に、出場選手の名前をGKから1人ずつ呼んでいく。
そうすると、呼ばれた選手がファンに向かって手を振ったりして歓声に応える。

監督として呼ばれるのは、エーメルソン・レオン監督くらいのものだ。

確かに、テベスをけなす声は、競技場全体から轟き渡った。
テベスのユニフォームを着たものも、確かに減っていた。
ニウマールのユニフォームも減っているのが悲しい。

もう、これでカルリットス・テベスのコリンチャンスへの復帰はないだろう。

だが、職場放棄の罰金は支払わなくてはならないはずだ。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その251 マスケラーノが退場。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その253 コリンチャンスのアルベルト・ドゥアリビ社長は欧州へ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11646141

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その252 ファンはもうテベスを捨てた。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その251 マスケラーノが退場。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その253 コリンチャンスのアルベルト・ドゥアリビ社長は欧州へ。 »