« サッカー・ブラジル選手権2006 その165 コリンチャンスがパカエンブー競技場に戻る。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その166 ルイゾンが練習をして、監督が驚いた。 »

quarta-feira, 2 de agosto de 2006

サッカー:サントスのクレーベルの母親が誘拐されかかった。

8月2日水曜日朝、サントスSantosの左SBクレーベルKléberの母親の誘拐seqüestroを、警察が失敗させた。
Spd20060720b
(参考画像)

ノエミア・ヂ・カルヴァーリョ・コヘイアNoêmia de Carvalho CorreiaはサンパウロSão Paulo市東部のイタケラItaquera地区で、緑のブラジリアBrasília(=VWの旧式の車の名前) の後部座席にいるところを、警察によって救助された。
2人の悪漢は逃げた。
この事件は、イタケラItaqueraの警察に記録された。
Spd20060802j

誘拐未遂tentativa de seqüestroは、朝早く起きた。
ノエミア・ヂ・カルヴァーリョ・コヘイアは、イタケラtaqueraの家を出て、パン屋に行くためだ。
Spd20060802l

そこで誘拐犯人seqüestradoresに取り囲まれた、彼らは彼女を車の中に押し込んで、猛スピードで出て行った。
隣人達がそれを見て、警察に通報した。
犯人の車は逃げるときに、一方通行を逆送し、バスにぶつかって、大破した。
Spd20060802i
Spd20060802m
犯人はあきらめて、徒歩で逃げた。

クレーベルはサンパウロで、母親と一緒だ。
証言をした。
サントスの広報によると、クレーベルは8月2日水曜日の16時からトレーニングを行う予定である。

-----------------------------
未遂に終わって良かった。

こういうことがあるから、選手達は次々に海外で働きたがるのである。
クレーベルのような将来性のある選手は、その将来性をかわれているのだが、
家族はその実感が無く、今までの暮らしを続けている。

もう今までのように気楽に生活出来ないことに気付かなくてはならないはずだが、
このわずか2-3年の息子の急激な出世に、いままでの生活を簡単に変えることは難しい。

運転手突きの防弾車に乗り、身辺警護も付けなくてはならない。
家も引っ越しだ。
今までの友達ともおつきあいは止めた方が良いかもしれない。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その165 コリンチャンスがパカエンブー競技場に戻る。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その166 ルイゾンが練習をして、監督が驚いた。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11237094

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:サントスのクレーベルの母親が誘拐されかかった。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その165 コリンチャンスがパカエンブー競技場に戻る。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その166 ルイゾンが練習をして、監督が驚いた。 »