« サッカー・ブラジル選手権2006 その179 グスタヴォ・ネリーがコリンチャンスを出ると言った。 | Main | ブラジル・サンパウロの、意外に事件が起きている拙宅の近く。 »

sábado, 5 de agosto de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その180 コリンチャンス対アツレチコ・パラナエンシ 試合前。

8月5日土曜日18時10分より、ブラジル選手権第15節のコリンチャンス対アツレチコ・パラナエンシ戦が、サンパウロのパカエンブー競技場で行われる。

本当に試合が挙行されることになった。
思い起こせば、今年の5月4日のリベルタドーレス杯南米選手権のコリンチャンス対リバープレート戦で、コリンチャンスが負けている試合の終わりの方で、ファンの暴動が起きて、そのまま試合が終了した日。
あの日から、コリンチャンスは逃亡生活に入り、ワールドカップ・ドイツ大会によるブラジル選手権の試合の中断期間もあったのだが、3か月間もホームで試合をしていなかった。

サンパウロ市で試合がある時は、モルンビー競技場で試合をしていた。
もちろんその後も負け続けていて、この8試合は勝ち知らずだ。
ブラジル選手権では、堂々の最下位。
昨年は優勝チームであった。

サンパウロは、木曜日の午前中に寒波が去り、その午後からは日が差してきていた。
金曜日には晴れ渡り、最高気温は25度弱と、また一気に上昇した。
今日土曜日も朝からほぼ快晴。
気温も27度くらいまで行ったはずだ。

パカエンブー競技場周辺は午前中は静か。
14時でもちょっと動きが出て来た。
いつも競技場周辺で試合の日には営業を始める屋台がどうも禁止されたようで、その準備をする声がしない。

チケットを買いに競技場へ出かけた。
競技場正面のシャルレスミラー広場には、そこそこファンが集まってきていた。

警察もかなり多くいた。
何でもファン組織のガヴィオンエス・ダ・フィエウが「抗議行動」をするからだという話だ。

この試合は販売されているチケットは、一番高い正面スタンド席だけである。
だから売り場は混んでいない。
その他の席は、すべてNESTLEの招待席となっている。
それらの券はダフ屋さんが売っている。

暑い。
まだ試合まで4時間もあるのに、木陰でビールなんか飲みながら語らっている。
試合観戦で一番楽しいのはこの一時かもしれない。

16時を過ぎて、どんどんと人が集まり始めた。
拙宅周辺も、そろそろ騒がしくなってきた。
16時45分。
最初の花火が鳴った。 
拙宅の犬にとっては受難の日である。

17時を過ぎて、とても騒がしくなってきた。
周辺の道路は渋滞している。
競技場の塀に沿って、入場を待つ長い列が出来た。

17時45分。
そろそろ出発だ。

-----------------------------
ところで、コリンチャンスのファン組織「ガヴィオンエス・ダ・フィエウ」は、
ボン・レチーロにある彼らの本部を出発し、
パカエンブー競技場まで行進をした。
そして、シャルレス・ミラー広場で、コリンチャンスの役員を非難するような
示威運動を行った。
名前を書いた「棺おけ」を用意していた。

そして、また警察と衝突していた。
警察はガス弾などを使った。
「20060805JNsp2-Futebol-CB15-Corinthians-GavioesdaFiel.wmv」をダウンロード

試合が始まる前なので、16-17時くらいのことだと思うのだが、
拙宅にいたのに、まったく気づかなかった。
この混乱は試合が始まる頃には収まったといっている。

この試合では、どうもガヴィオンエス・ダ・フィエウの席がいつもより静かだった。
まず各種の横断幕がまったくなかった。
いつも何枚も用意してあるのである。
観客席をすべて覆うような巨大なものも、試合中に何度が広げられるのだがそれもなかった。
白と黒の風船などもなかった。
そして、いつもは試合中ずっと演奏を続けているバンダの一団がいなかった。
あの間断のない音が試合を盛り上げるのであるが。

試合の終了間近になると、
警察がシャルレス・ミラー広場は「きれいになった」ので、
子供連れの観客などは冷静に退出してくれと、何度も場内アナウンスをしていた。
今までそういったアナウンスはなかったので、めずらしいことがあると思っていたのだが、
つまりそれは「暴動のあとをきれいにした」という事をいっていたわけだったのだ。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その179 グスタヴォ・ネリーがコリンチャンスを出ると言った。 | Main | ブラジル・サンパウロの、意外に事件が起きている拙宅の近く。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11293732

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その180 コリンチャンス対アツレチコ・パラナエンシ 試合前。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その179 グスタヴォ・ネリーがコリンチャンスを出ると言った。 | Main | ブラジル・サンパウロの、意外に事件が起きている拙宅の近く。 »