« サッカー・ブラジル選手権2006 その168 カルロス・アルベルトは第3のFW。 | Main | ブラジルの「偽警官」 »

quinta-feira, 3 de agosto de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その169 カルロス・アルベルトは語る。

左腿coxa esquerdaの筋肉痛から回復して、MFカルロス・アルベルトCarlos Albertoは、7月5日土曜日にパカエンブーPacaembu競技場で行われるブラジル選手権Campeonato Brasileiro第15節の対アツレチコ・パラナエンシAtlético-PR戦で、コリンチャンスCorinthiansの先発選手に戻る。

「戻れてとても幸せだ。 痛みは消えた。 少しとレーニングをした。 しかし最大を尽くす。 最も重要なことは楽しくグラウンドにはいることだ。 外されていた日々はプレイできなくて、チームを助けることが出来なくて、傷ついた。 それはとても悪いことだ」と、カルロス・アルベルトは明言した。
Spd20060802a

ジェニーニョGeninho監督は、カルロス・アルベルトの復帰がチームを新たに活気づけ、FWへの助けがなかったことを解決できると信じている。
カルロス・アルベルトCarlos Albertoは、ジェニーニョ監督がコリンチャンスに来て唯一の勝利であるリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroでのヴァスコ・ダ・ガマ戦で、チームでの傑出した選手だった。

「このようなコメントが出来て幸せだ。 今度の試合では自分のサッカーをして、チームを助けたい。 監督の信頼を得て嬉しい。 色々なこと変えるようにしたい」と、カルロス・アルベルトは分析した。

-----------------------------
そのヴァスコ・ダ・ガマ戦のあとに、リオ・デ・ジャネイロの夜に出かけて、
喧嘩をして目を怪我した。
網膜剥離の危険があって、ワールドカップ・ドイツ大会の前のブラジル選手権の何試合かは出場できなかった。
それで、またチームが悪くなった。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その168 カルロス・アルベルトは第3のFW。 | Main | ブラジルの「偽警官」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11242483

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その169 カルロス・アルベルトは語る。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その168 カルロス・アルベルトは第3のFW。 | Main | ブラジルの「偽警官」 »