« サッカー・ブラジル選手権2006 その260 マグロン(横浜マリノス)が、コリンチャンスへ。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その262 コリンチャンスはアモローゾと契約。 »

quarta-feira, 30 de agosto de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その261 テベスとマスケラーノの行き先。

FWカルリットス・テベスCarlitos Tevez とボランチのマスケラーノMascheranoは、8月29日(火)の午後ロンドンへ向かった。
コリンチャンスCorinthiansの社長アルベルト・ドゥアリビAlberto DualibとMSIのキア・ジョオラビシアンKia Joorabchianに会うためだ。
水曜日に、クラブは2人の選手が英国のサッカーに移籍することに合意するようにするだろう。

マスケラーノMascheranoの行き先はマンチェスター・ユナイテッドManchester Unitedに違いない。
マンチェスター・ユナイテッドは、マスケラーノMascheranoと契約するのに、4000万レアル(=1900万米ドル)を提示している。

テベスTevezの行き先はアーセナルArsenal。
キア・ジョオラビシアンKia Joorabchianの心のクラブである。
6900万レアル(=3400万米ドル)を用意するだろう。
チェルシーChelseaもテベスには関心を持っていて、フランスFrançaのレンネRennesにレンタルする。

木曜日に、テベスTevezとマスケラーノMascheranoはアルゼンチン代表seleção argentinaにロンドンLondresで合流し、9月3日に行われるブラジル代表seleção brasileiraとの親善試合に備えてトレーニングを始める。
2人の選手は、コリンチャンスの役員によって自由になった。

----------------------------
いよいよ2人の状勢が急展開。

MSIのバックは、ロシア人のボリス・ベレゾフフスキーとも言われている。
そのボリス・ベレゾフスキーの後ろ盾が、アブラモビッチ。

ともに、エリツィン時代に荒稼ぎをして、
プーチンの時代になった、追い出された。
「ロシア・マフィア」だ。

ボリス・ベレゾフスキーは、
今年の5月4日にはサンパウロのパカエンブー競技場に現れるという噂があった。
ブラジルの連邦警察が、このためパカエンブー競技場の貴賓室を臨検したがいなかった。
その翌日に、ホテルの駐車場で一時身柄を拘束されて、
事情を聴取されている。

MSIというスポーツに投資する組織が、
犯罪によって稼いだ金の資金洗浄の手段として使われているのではないかという
疑惑に関する捜査の一環である。

ボリス・ベレゾフスキーも普段は、ロンドンにいるようだ。

アブラモビッチとの関係からして、マンチェスター・ユナイテッドの名前がいつも取りざたされているのだが、全ての選手がマンチェスター・ユナイテッドにつながるようになるわけでもないようだ。

一番高く買ってくれるところに売るのが、投資家だ。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その260 マグロン(横浜マリノス)が、コリンチャンスへ。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その262 コリンチャンスはアモローゾと契約。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その261 テベスとマスケラーノの行き先。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その260 マグロン(横浜マリノス)が、コリンチャンスへ。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その262 コリンチャンスはアモローゾと契約。 »