« サッカー・ブラジル選手権2006 その259 エヂムンドがコリンチャンスが2部に落ちて欲しくないと言った。 | Main | ブラジルのフットサルは格闘技。 »

quarta-feira, 30 de agosto de 2006

ブラジルの大統領選挙 その8 あと5週間。

ブラジルは、今選挙シーズンである。

10月1日、大統領選挙の投票日である。
各州の州知事選も行われている。

連邦の下院議員選挙も行われる。

3週間前から、13時からと20時30分から、テレビの地上波の全ての局は、一斉に選挙番組を流している。
面白いようでもあり、面白くもない番組だ。

ブラジルらしくカラフルで、音楽に満ちている。

この1週間更に、各党がCMを流し始めたので更に選挙色は強くなった。

市内でも、議員レベルの選挙事務所が開設されたり、選挙カーが走り始めて、いよいよ盛り上がりを見せている。

大統領選挙については、
8人くらいの立候補者がいるのだが、
その候補者の毎日のキャンペーンの活動予定が毎日ニュースで伝えられる。
そのキャンペーンの風景もながされる。
あちこちの街に行って、支持者や市民と握手しているのがほとんどだ。

主な候補者は現職大統領のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァを含めて4人だ。

毎週毎週、支持率の世論調査の結果が発表される。
8月29日(火)の最新の発表のものでは、
遂に現職のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァ大統領への支持率が50%に達した。

ブラジルの大統領選挙は、第1回投票で50%の得票を得るものがいない場合は、
上位2候補者で第2回投票が行われ、得票の多い方が当選者となる仕組みだ。
もしかすると、大統領選挙では第1回で決まってしまう勢いである。

3位以下の候補者は、
第2回投票を期待して動いているのである。
第2回目投票に向けて多数派工作が始まるわけだが、
この時に合従連衡がある。
そして、次期政権へ影響力を強めようとして、政党の価値を高めるのである。
でも第1回で決まってしまったら、そういったことが出来なくなる。
さて、どうなるのか。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その259 エヂムンドがコリンチャンスが2部に落ちて欲しくないと言った。 | Main | ブラジルのフットサルは格闘技。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの大統領選挙 その8 あと5週間。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その259 エヂムンドがコリンチャンスが2部に落ちて欲しくないと言った。 | Main | ブラジルのフットサルは格闘技。 »