« サッカー・ブラジル選手権2006 その222 第18節終了。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その224 テベスがコリンチャンスでの最後の試合と言った。 »

segunda-feira, 21 de agosto de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その223 第15節コリンチャンス対アツレチコ・パラナエンシ戦 観戦

8月5日(土)18時10分から、サンパウロのパカエンブー競技場で行われたブラジル選手権の第15節コリンチャンス対アツレチコ・パラナエンシ戦を観戦に行った。

コリンチャンスが、このホームのパカエンブー競技場で試合を行うのは、
5月4日のリベルタドーレス杯南米選手権の対リバープレート戦以来であった。

リバープレート戦の敗戦以来、コリンチャンスは3ヵ月もホームで試合が出来なかった。
ワールドカップ・ドイツ大会の間の中断期間もあったが、
怒りに満ちたファンから逃げ回って、他の都市で試合を行ったり、
サンパウロ市内での試合の場合もモルンビー競技場を使っていた。

そろそろほとぼりも冷めたので、パカエンブー競技場に戻ってきたわけだ。

真っ当なファンも、更に真っ当なファンであるガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんも含めて、
やはり試合を見たかったわけで、3万人を超える観衆が入った。

試合前には、競技場の前のシャルレス・ミラー広場で、そのガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんの抗議活動で混乱があったようだが、ともかくも試合には影響がなかった。

試合前には、選手が入場してくるのを沢山の子供が待っている。
Spd20060805zj

一番子供が集まるのは、最後に出てくるカルリットス・テベスである。
Spd20060805zk

そして、真ん中で観客に挨拶。
記者がインタビューしているのは、この日先発の新加入のMFパウロ・アルメイダである。
Spd20060805zl

カルリットス・テベス。
Spd20060805zm

コリンチャンスの監督ジェニーニョ
考えてみたら、5月中旬に就任以来初めてのパカエンブー競技場へのお目見えだ。
アツレチコ・パラナエンシの監督とは旧知らしい。
Spd20060805zn

キックオフ前のカルリットス・テベスとラファエル・モウラ。
Spd20060805zo

FWラファエル・モウラ。
Spd20060805zp

SBコエーリョ。
Spd20060805zq

MFマルセロ・マットス。
何か叫んでいる。
Spd20060805zr

MFカルロス・アルベルト
Spd20060805zs

2点目のゴールをラファエル・モウラが決めた。
Spd20060805zt_1

後半に途中交替で、そのままロッカールームに引き上げるカルリットス・テベス。
この晩、そのままブエノス・アイレスに家族を連れ帰った
Spd20060805zu

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その222 第18節終了。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その224 テベスがコリンチャンスでの最後の試合と言った。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11538194

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その223 第15節コリンチャンス対アツレチコ・パラナエンシ戦 観戦:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その222 第18節終了。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その224 テベスがコリンチャンスでの最後の試合と言った。 »