« サッカー・ブラジル選手権2006 その245 コリンチャンスは、知らないと言った。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その246 第18節コリンチャンス対ボタフォゴ戦 その1 »

domingo, 27 de agosto de 2006

サッカー:ロマリオが979ゴール目。

1000ゴールを目指しての戦いを続けるロマリオRomárioがまた1ゴールを決めて、チームMiami FCが勝利した。
アトランタ・シルバーバックスAtlanta Silverbacksに2対1で勝った。
試合は、アトランタAtlantaの競技場で行われた。
アメリカの選手権の2部リーグになるUSLの試合である。
選手権の次のフェーズを目指しているマイアミMiamiとアトランタAtlantaはともに勝ち点32点である、今度の日曜日にはマイアミMiamiのトロピカルパークTropical Parkで試合を行う。

ロマリオRomárioは、979ゴール目となり、彼の計算では彼の目標までわずか21ゴールとなった。
ロマリオはこの金曜日に行われた試合で最初のゴールを決めた。

-------------------------------
ロマリオRomárioは、あと4節を残すだけのUSLでの得点王も争っている。

ロマリオは、マイアミFCMiami FCで14ゴールを決めている。
シアトル・サウンダースSeattle Soundersのウィリアム・ウィーヴァーWilliam Weaverに4点足りない。

ロマリオは、この選手権では2番目の得点を上げている。
ロマリオRomárioはマイアミの24試合中19試合に出場した。
1試合あたりでは、0.73点である。
ロマリオのライバルは、まだ22才である。
ウィリアム・ウィーヴァーは、彼にとってプロと初めてのシーズンを戦っている。
最優秀選手の候補にもなっている。

マイアミFCMiami FCは最終節まで、次の試合を行う。
8月27日 アトランタ・シルバーバックスAtlanta Silverbacks
9月 1日 ミネソタ・サンダースMinnesota Thunder
9月 8日 プエルトリコ・アイランダースPuerto Rico Islanders
9月10日 プエルトリコ・アイランダース 

ロマリオはプロとして972ゴールを決めている。しかし彼の計算では979ゴールである。
7ゴールの差は、ヴァスコによって発見されたものである。

ロマリオの米国でのゴール

日月 試合   ゴール
12/5 Miami 3 x 2 Portland Timbers 2
26/5 Toronto Lynx 0 x 1 Miami 1
09/6 Vancouver Whitecaps 2 x 2 Miami 1
11/6 Minnesota Thunder 4 x 1 Miami 1
15/6 Miami 2 x 2 Toronto Lynx 1
18/6 Miami 5 x 3 Seattle Sounders 3
14/7 Rochester Raging 5 x 4 Miami 1
28/7 Miami 3 x 2 Puerto Rico Islanders 2
02/8 Miami 2 x 0 Charleston Battery 1
25/8 Atlanta Silverbacks 1 x 2 Miami 1

-------------------------------
9月10日にUSLが終了すると、
ロマリオがヴァスコ・ダ・ガマに復帰することになっている。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その245 コリンチャンスは、知らないと言った。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その246 第18節コリンチャンス対ボタフォゴ戦 その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11626390

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオが979ゴール目。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その245 コリンチャンスは、知らないと言った。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その246 第18節コリンチャンス対ボタフォゴ戦 その1 »