« サッカー・ブラジル選手権2006 その218 ロドリゴ・タバタが丁寧に説明。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その219 テベスはもうキャプテンではない。 »

sábado, 19 de agosto de 2006

サッカー:リカルド・オリヴェイラはベッチスへ3。

リカルド・オリヴェイラRicardo Oliveiraは、同僚に別れを言うために、サンパウロFCのトレーニング・センターにいた。
リベルタドーレス杯南米選手権の決勝戦の第2戦への出場を禁止されて、リカルド・オリヴェイラはスペインEspanhaのベッチスBétisの役員の決定にとても傷ついた。

リカルド・オリヴェイラは8月19日(土)にセビリアSevilhaに向かって出発し、日曜日に役員達と他のクラブへの移籍の可能性について会議をする。

トルコTurquiaのフェネルバッハFenerbaçhがリカルド・オリヴェイラに関心を持っている。
しかし、リカルド・オリヴェイラはサンパウロFCに戻る可能性を捨てていない。

「自分は2011年までベッチスBétisと契約がある。 自分の将来を決定したい。 事実ではない多くの話があるが、それも綺麗に一掃させたい。 サンパウロFCに誘う楢葉言いたくない。 それはいつに日にかサンパウロFCに戻ってきたいからだ。 隠れることもない、記者会見で、自分に起きたことを話したい」と、謎めいた感じで、詳細に入らずに、リカルド・オリヴェイラRicardo Oliveiraは明言した。
Spd20060818g

ベッチスBétisのファンは、クラブの85%の所有権を持つ社長のマヌエル・リョペーラManuel Llopera、FWジョアキンJoaquín、そしてリカルド・オリヴェイラbrasileiro Ricardo Oliveiraを非難して、トレーニングセンターの塀に落書きをした。
懸案を終わりにし、将来を出来るだけ早く決めたいリカルドオリヴェイラは、この抗議を心配していない。

「ファンの抗議は自然なことだと思っている。 自分の立場を理解しない人にとっては、自分は間違っていると思うだろう。 しかし、自分の言葉で全ての事実をいうし、謝罪をするようなことはない」と、リカルド・オリヴェイラは予告した。

----------------------------
もうベッチスとはこじれてしまったようだ。
よほどサンパウロFCでの居心地がよかったようだ。

どこでも良いが、やはり欧州に戻って活躍することが
ブラジル代表への復帰の近道だ。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その218 ロドリゴ・タバタが丁寧に説明。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その219 テベスはもうキャプテンではない。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11505813

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:リカルド・オリヴェイラはベッチスへ3。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その218 ロドリゴ・タバタが丁寧に説明。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その219 テベスはもうキャプテンではない。 »