« サッカー・ブラジル選手権2006 その281 マグロンと入れ墨。 | Main | サッカー・南米杯2006 その3 コリンチャンスの登録選手。  »

terça-feira, 5 de setembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その282 コリンチャンス社長とボリス・ベレゾフスキー。

コリンチャンスCorinthiansの社長アルベルト・ドゥアリビAlberto Dualibは、火曜日までにキア・ジョオラビシアンKia Joorabchianに代わる新しいコリンチャンスにおけるMSIの代表者が発表されることを期待していると言った。

アルベルト・ドゥアリビ社長は、ブラジルBrasil代表対アルゼンチンArgentina代表の試合を、コリンチャンスのパートナーの投資家の2人、ロシア人のボリス・ベレゾフスキーBoris Berezovskyとグルジア人バドリ・パタルカツィシヴィリBadri Patarkatsishviliとともに観戦した。

「自分はブラジルBrasilに戻るのはちょっと遅れて火曜日までにと望んでいる。 月曜日にも良いニュースがあることを期待している。 誰がその人なのかは知ることもない。 彼らは自分には何も言っていない」と明言した。

社長アルベルト・ドゥアリビはパートナーシップが終了するいかなる可能性をも否定し、MSIのキア・ジョオラビシアンKia Joorabchianが出て行くことについての公式の発表は何もなかったと言った。

「自分はそれを新聞で読んだ。 しかし誰も自分にそのことを確認しない。 とにかく、父親の死で、彼はブラジルに戻ることは出来ない」

社長アルベルト・ドゥアリビは、ロンドンへの旅はとても実りが多く、より多くの強化を契約できたと言った。

「わずかな期間で、3人の大選手と契約することが出来た。 支払われるべき金額についてのMSIとの懸案を解決することが出来た。 現在、エーメルソン・レオン監督はまだ選手を捜している。 しかしそれはブラジルからになる、なぜなら欧州の市場は閉まったからだ」と、社長は締めた。
コリンチャンスは、セリエBSérie Bのチームにいる選手か、ブラジル選手権で7試合以上出場していない選手を引っ張ってくると確認した。

----------------------------
アルベルト・ドゥアリビAlberto Dualibは、MSIの投資家の1人のバドリ・パタルカツィシヴィリBadri PatarkatsishviliにグルジアGeórgiaのトリビシTbilisiへの旅に招待されたと言った。
しかし約束は先に延ばされた。

「今週は、コリンチャンスの設立の週であった。 しかし長いこと外に出ていた。旅行の目的はダイナモ・トリビシDinamo Tbilisiとの提携のためだ。 しかし今は先に延ばさざるを得ない」と、社長アルベルト・ドゥアリビは付け加えた。

----------------------------
謎の投資グループMSIは、ロシア・マフィアが黒幕ということははっきりしている。
おそらく、英国に亡命中のボリス・ベリゾフスキーがボスだろう。

このグルジア人バドリ・パタルカツィシヴィリとは何者だろう。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その281 マグロンと入れ墨。 | Main | サッカー・南米杯2006 その3 コリンチャンスの登録選手。  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11769268

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その282 コリンチャンス社長とボリス・ベレゾフスキー。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その281 マグロンと入れ墨。 | Main | サッカー・南米杯2006 その3 コリンチャンスの登録選手。  »