« サッカー・ブラジル選手権2006 その276 第22節終了。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その278 サンタ・クルーズの監督辞任。 »

segunda-feira, 4 de setembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その277 コリンチャンスとMSIの絆は強まった。

コリンチャンスCorinthiansの社長アルベルト・ドゥアリビAlberto Dualibは、コリンチャンスとMSIの間のパートナーシップに関する全ての問題はロンドンLondresでのファンドの投資家との会議で解決されたと明言した。

「パートナーシップは今までないくらいに堅くなった。 金銭的な問題を解決し、最後に選手を放した」と、アルベルト・ドゥアリビは明言した。

コリンチャンスの審議員に、アルベルト・ドゥアリビAlberto Dualibは、MSIの社長キア・ジョオラビシアンKia Joorabchianがでていき、クラウス・マンゴールドKlaus Mangold)に代わり、サッカー部長Corinthiansがコリンチャンスに戻ると明言した。

----------------------------
MSIの社長キア・ジョオラビシアンKia Joorabchianは、コリンチャンスCorinthiansを捨てないと明言した。

「何も捨てていない。 自分の父親が死んで家族に問題があった。 それも家族を見ていなくてはならなかった。 自分の家族が最優先だった。 ここにいる自分の母親や兄弟と話さなくてはならなかった」と、キア・ジョオラビシアンは明言した。

キア・ジョオラビシアンは、英国Inglaterraのウェスト・ハムWest Hamとの、カルリットス・テベスCarlitos TevezとマスケラーノMascheranoの交渉について話した。


「最も重要なことであった、彼らが欧州Europa,でプレイするべき時がやってきた。 歴史があって、ファンがいっぱいて、よいチーム。 それはとても重要なクラブだ。 この何年かのとても良いとはいえない時期を過ごした。 来年おきることを見ていく」と、キア・ジョオラビシアンは明言した。

----------------------------
キア・ジョオラビシアンがいなくなるのかならないのか、よく分からない。

キア・ジョオラビシアンは、今月ブラジルで結婚式を挙げるので、
ブラジルにはとにかく戻ってくるはずなのだが。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その276 第22節終了。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その278 サンタ・クルーズの監督辞任。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11756991

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その277 コリンチャンスとMSIの絆は強まった。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その276 第22節終了。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その278 サンタ・クルーズの監督辞任。 »