« サッカー:リカルド・オリヴェイラはミランへ。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その270 ゼ・ロベルトはサントスへ。 »

sexta-feira, 1 de setembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その269 キア・ジョオラビシアンがブラジルを去る。

コリンチャンスCorinthiansへの出資者である投資ファンドMSIの代表者であるイラン人のキア・ジョオラビシアンKia Joorabchianは、ブラジルBrasilすなわちコリンチャンスの本部パルケ・サン・ジョルジParque São Jorgeを去るかもしれない。

エーメルソン・レオン監督との複雑な関係があったにしても、テベスTevezとマスケラーノMascheranoがウェスト・ハムWest Hamへ出て行ったことで、キアKiaは力を失った。

コリンチャンスCorinthiansの役員とMSIの役員の間で、9月1日金曜日に会議があり、イラン人キア・ジョオラビシアンの行き先が決まる。
交替となるのは、ドイツ人のクラウス・マンゴールドKlaus Mangoldと見られている。

ロスチャイルド銀行banco Rotschildの役員で、ロシア人大富豪の金庫番として知られている。

「キア・ジョオラビシアンはMSIの雇い人に過ぎない。自分の雇い人であれば、全てどこに行くかは知っている。 彼が出て行くように要求しているかどうかについては何もいうことはできない。 問題を解決する必要があるのはMSIの投資家である」とコリンチャンスの社長アルベルト・ドゥアリビAlberto Dualibは語った。

----------------------------
キア・ジョオラビシアンは、国籍はイランのようだが、名前からするとペルシア系ではないと思っている。
アルメニア系ではないだろうか。

しかし、MSIの裏がロスチャイルドということは、つまりユダヤ系ということだ。

ロシアの大富豪とは、つまりアブラモビッチとボリス・ベリソフスキーのことである。

サッカーの枠をはるかに大きく越えた、国際的な”取引・犯罪・陰謀”に関わっているとも見なされている連中である。

”広瀬隆”的な世界のことである。

|

« サッカー:リカルド・オリヴェイラはミランへ。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その270 ゼ・ロベルトはサントスへ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11727132

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その269 キア・ジョオラビシアンがブラジルを去る。:

« サッカー:リカルド・オリヴェイラはミランへ。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その270 ゼ・ロベルトはサントスへ。 »