« サッカー・ブラジル選手権2006 その311 コリンチャンスが約1ヵ月負けていない。 | Main | サッカー:ニウマールのゆくえ。 その3 »

terça-feira, 26 de setembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その312 パルメイラスの新監督。

マルセロ・ヴィラールMarcelo VilarがチチTiteの後釜にいるにもかかわらず、パルメイラスの役員はパレストラ・イタリアPalestra Itáliaの廊下で監督の名前を検討したり捨てたりしている。
すでに4人の監督の名前が挙がったが、合意に至っていない。
パウロ・セーザル・グスマンPC Gusmão、マリオ・セルジオMário Sérgio、ネルシーニョ・バプチスタNelsinho Baptista、セルソ・ロチCelso Roth。

パルメイラスの副社長のジョゼ・シリーロ・ジュニオールJosé Cyrillo Jrは今年の終わりまではマルセロ・ヴィラールで行きたいと願っている。
マルセロ・ヴィラールは、今年の4月にも、エーメルソン・レオンEmerson Leãoが出て行って、チチTiteがやってくるまでの5試合パルメイラスPalmeirasを指揮した。

「彼を信頼している。 選手達もそうだ。 彼がチームを把握して、良い試合を続けるならば、彼を12月mで続けるように戦う」と、強調した。 

-------------------------------
パルメイラスは、当分新監督は決めないようだ。

ネルシーニョ・バプチスタの名前もでているが、
どこで何もされているのやら。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その311 コリンチャンスが約1ヵ月負けていない。 | Main | サッカー:ニウマールのゆくえ。 その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12046458

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その312 パルメイラスの新監督。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その311 コリンチャンスが約1ヵ月負けていない。 | Main | サッカー:ニウマールのゆくえ。 その3 »