« サッカー・ブラジル選手権2006 その297 サンタ・クルーズの新監督。 | Main | サッカー・レコッパ サンパウロFC対ボカ・ジュニオールス。 »

quinta-feira, 14 de setembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その298 アツレチコ・ミネイロ対パウリスタ戦。

9月12日(火)20時30分から、ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチのミネイロン競技場で、ブラジル選手権セリエBのアツレチコ・ミネイロ対パウリスタ戦が行われた。

セリエBの試合にもかかわらず、競技場には3万2千人の観客が訪れた。
これは今年のセリエBの試合での記録となった。
元々アツレチコ・ミネイロがセリエBでは、一番観客が多いチームである。

アツレチコ・ミネイロは、2005年まではずっとセリエAに所属していた。
初めて転落して、復帰を目指している。

パウリスタは、サンパウロ州のジュンジャイのチーム。
このチームには、日本人の笠井健太が所属している。

サンパウロ州選手権で、パウリスタのDFとして出場しているのは、観戦したので知っている。
彼が出場した試合は、チームは控え中心であった。
彼はパウリスタでは先発にいつも入っているレベルではなかった。

そして、ブラジル選手権セリエBになると、セリエAと違って、情報はかなり減る。
それで、笠井健太が出場しているかどころか、
まだパウリスタに所属いるかどうかも判らない状態であった。

パウリスタのホームページがとても貧弱で、
更新はまばらで、
選手一覧についてはずっと「建築中」になっている。

試合情報については、
試合の流れの中で、活躍した選手については名前が出てくるのだが、
彼はDFであることもあって、仮に出場していたとしても、
名前が出てくる可能性は低い。

さて、この試合はスポーツ専門チャネルで実況放送された。
普段はセリエBの試合まではチェックしないのだが、
何となく見始めてしまった。

そしたら、
なんと彼がいた。
Spd20060912a

パウリスタの先発メンバーには入っていなかったが、
控えにはいた。
Spd20060912b

テレビの画面に写った。
ベンチに座っていて、元気そうだった。
一番右に座っているのが笠井健太

試合は、2対0で地元のアツレチコ・ミネイロの勝利。
笠井健太は残念ながら出場しなかった。

アツレチコ・ミネイロは、この試合を終わって勝ち点38の、第3位なので、復帰圏内にいる。
4位までが、セリエAに上がることが出来る。
パウリスタは、勝ち点32点の10位である。

----------------------------
報道されている程度しか知らないのだが、
将来を嘱望されている選手が、オランダから最近解雇されて日本に戻った。

辞めたはずの大学に復学したいと言いつつ、クラブにもすぐに所属する。
更にオランダ語は難しいの、日本は良いのと言っている。

はっきり言って「情けない人間」だと思う。

いやしくもプロ選手になったわけだ。
望んでオランダに行ったらオランダ語を覚えるのはプロとして当然のはずだ。
日本ではない国に行けばそれなりに困難があるのは当たり前だ。
でも、日本ではえられないものがあるからオランダに行ったはずだ。
そういったことに対する言葉は何もないのだろうか。

このパウリスタの笠井健太は、
オランダに行った人のように、
将来を嘱望されているようでもないし、輝かしい実績もない。
でも、
こうやってブラジルのサンパウロ州の地方都市のクラブで、
ベンチ入りしている。

ブラジル選手権では2部のチームなので、
チームのインフラは余りよくはず無いはずだ。
給与もそれほどよくないし、遅配もあるだろう。
ブラジル料理はそれほど個性的ではないが、
食事も最初は苦労しただろう。

何よりも言葉は、ポルトガル語しか通じない国だ。
外国人も笠井健太だけだろう。

笠井健太が、
もっともっと機会を得て、ブラジルでどこのチームでもよいから
フル出場するようになって欲しいものだ。

そして、そのうち日本代表にもなれたらよいと思う。
何よりも、引退した後にでも
笠井健太のブラジル体験は、
何よりも日本の財産になることになるだろうと思っている。

ブラジル代表になるような才能ある選手たちも、
欧州で活躍しているが、
何もブラジル語でプレイしているわけではない。
そういうことが可能なのはポルトガルくらいだ。

みんなその国の言葉を覚えて、使っている。
いくら個人技があっても、サッカーはチームプレイである。
同僚と意思が通じなければ、当たり前の選手以下だ。
プロは、観客を魅了することで、お金を得ているわけだ。

どうもオランダに行った人は、どこか間違っているように思う。
プロ意識がかなり欠けているようなので、大学リーグでプレイしていればよい。

笠井健太の露出がもっと増えることをとても期待している。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その297 サンタ・クルーズの新監督。 | Main | サッカー・レコッパ サンパウロFC対ボカ・ジュニオールス。 »

Comments

こんにちは。
笠井選手の情報興味深く見させていただきました。
レギュラーが取れるかと思っていましたがなかなか
苦労している様ですね。
確かプロ契約は今年の12月まであると思いました
のでその後チームに残留するのか移籍するのか今後の
動向も気になる所ですが何とか頑張ってほしいですね。
それでは失礼しました。

Posted by: tokusan | sexta-feira, 15 de setembro de 2006 at 03:05

>tokusan様
9月16日の試合では、ベンチ入りもしていないようでした。
微妙なラインにいるようですね。

Posted by: Sao Paulo | sábado, 16 de setembro de 2006 at 23:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11891753

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その298 アツレチコ・ミネイロ対パウリスタ戦。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その297 サンタ・クルーズの新監督。 | Main | サッカー・レコッパ サンパウロFC対ボカ・ジュニオールス。 »