« サッカー・ブラジル選手権2006 その304 フラメンゴのGKブルーノが、ファンから大喝采。 | Main | ブラジル・サンパウロの「共生」展 その7 »

sexta-feira, 22 de setembro de 2006

サッカー:ロマリオのゆくえ。 その5 ブラジル代表。

9月21日(木)にリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroに到着したロマリオRomárioはブラジル代表seleção brasileiraを率いる友達ドゥンガDungaの良い仕事の開始を賞賛した。
ロマリオBaixinhoは、招請されるようなことがあれば、いつの日かブラジル代表の技術委員会の1人となる可能性を否定してはいない。

「だけど必要ではないなぜならドゥンガDungaにはジョルヂーニョJorginhoがいるでしょ。 ともかくも、誰が将来のことを知っているか。 とても嬉しいことになるだろう。 しかしながら、仕事はとてもうまくいっている。 上手く始めることが出来ないのではないかと思っていた、それはとくにワールドカップCopa do Mundoで起きたことの後だからだ。この最初の3試合で、選手はドゥンガDungaの望むものをものにしている。 彼をとても応援している。 ブラジル代表が大成功することを期待している」と、ロマリオRomárioは言った。

------------------------------
ブラジル代表監督のドゥンガDungaは、1994年のワールドカップCopa do Mundoから、ロマリオRomárioの友達になった。

9月21日(木)に、リオ・デ・ジャネイロに戻ってきたロマリオは”ブラジル代表を手伝う”ことについてに語った。
ロマリオRomárioのオファーは、ドゥンガにとても良く受け入れられた。
中期的にはロマリオを技術委員会に連れてくることもある。

「ロマリオRomárioの立場は重要だ。 カリスマ性のある人間だ。 いま、彼は自分と話して、提案や意見をくれる。 将来に彼が技術委員会に参加することが出来るとまで、知っている人はいるか。 ブラジル代表でロマリオRomárioと一緒だった全ての選手が認めることが出来るはずだ」

ドゥンガDungaによると、ブラジル人のFWはロマリオRomárioの助けをより受けけることもある。ロマリオBaixinhoが将来代表のFWを監督する可能性もあり得る。


「ロマリオは、エリアの中でするべき全てのことについて、FWにインスピレーションを与える。 ロマリオDungaはFWに教えるものを確かに持っている」と、ドゥンガは締めた。

-------------------------------
たぶんだが、あり得ないことだと思う。

どう考えても性格の違うこの2人が友達というのは本当のことだ。

ドゥンガがキャプテンとしてロマリオをコントロールしたことが、
1994年のワールドカップで優勝できた重要なポイントの一つだ。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その304 フラメンゴのGKブルーノが、ファンから大喝采。 | Main | ブラジル・サンパウロの「共生」展 その7 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオのゆくえ。 その5 ブラジル代表。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その304 フラメンゴのGKブルーノが、ファンから大喝采。 | Main | ブラジル・サンパウロの「共生」展 その7 »