« ブラジルの妊婦は、すぐ判る。 その3 | Main | サッカー:ロマリオが今年で99%引退と言ったが。 »

sexta-feira, 8 de setembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その288 ルイゾンにとって、フラメンゴで2番目に幸福な日。

9月8日(金)に、FWルイゾンLuizãoはフラメンゴFlamengoに来て、2番目に幸福な日を過ごした。
一番よかった日は、ブラジル杯Copa do Brasil.に優勝した日である。

右足に怪我をして4ヵ月、ルイゾンは遂に全く痛みを感じることなく仕事が出来るようになった。
ルイゾンはニーニョ・ド・ウルブNinho do Urubuでの戦略練習に参加し、1ゴールを決めた。
ボタフォゴBotafogo戦には完璧な状態で出場する。

「ネイ・フランコ監督Ney Francoに自分の幸せを伝えた。 何も感じることが無くできた最初のトレーニングだ」と、ルイゾンはコメントした。

ルイゾンLuizãoは、問題のためにチームを出て行くことを願い出ていた。

「とても痛みがあったが、ブラジル杯Copa do Brasilの決勝ではプレイした。監督に治療をするために辞める必要があるとまで言った。 そういったことで、ブラジル選手権では何も出来なかった。 今は準備が出来た。カバーしていける」

ルイゾンLuizãoは、プレイできなかった痛みと怪我の他に、この期間中に受けた批判にとても心が痛いと言った。 
「プロであることを証明することは出来なかった。 幸せな時で、過ぎたことは考えない」

----------------------------
ルイゾンはルイゾンで色々と大変だったわけだ。

「ゴム草履野郎Chinelinho」なんで呼んではいけない。

|

« ブラジルの妊婦は、すぐ判る。 その3 | Main | サッカー:ロマリオが今年で99%引退と言ったが。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11818951

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その288 ルイゾンにとって、フラメンゴで2番目に幸福な日。:

» 2006年ブラジルニュースクリップ9月_その6 [GRAZIL_Brazil]
○グランパスダービー "クラシコは厳重警備の中で" 今節(23節)はルイゾン擁するフメランゴと、 クライトン擁するボタオフォゴが対戦するリオ・クラシコです。 ボタフォゴのクライトンは、今後を決定付ける一戦との意気込み。 欠場続きのフラメンゴのルイゾンは遂にフ..... [Read More]

Tracked on domingo, 10 de setembro de 2006 at 12:16

« ブラジルの妊婦は、すぐ判る。 その3 | Main | サッカー:ロマリオが今年で99%引退と言ったが。 »