« サッカー・ブラジル選手権2006 その267 第21節終了。 | Main | サッカー:リカルド・オリヴェイラはミランへ。 »

sexta-feira, 1 de setembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その268 GKブルーノはフラメンゴへ。

フラメンゴFlamengoは、8月30日(水)に元アツレチコ・ミネイロex-Atlético-MGのGKブルーノBrunoと契約した。
もう少しでコリンチャンスCorinthiansの選手になるところどころか、一旦コリンチャンスの選手になったのに消えてしまった選手だ。

ブルーノは21才。
GKヂエゴDiegoにミスが続く中でフラメンゴにやってくる。

----------------------------
色々な事情があって、
元のアツレチコ・ミネイロに戻りたいと言っていたのだが、
それは叶わなかった。

ミナス・ジェライス州のベロ・オリゾンチに住みたかったはずのなのに、
フラメンゴと契約したので、当分リオ・デ・ジャネイロに住むことになった。
それならサンパウロでもよかったのではないかとも思う。

----------------------------
フラメンゴFlamengoは、8月31日(木)に、予定していた時刻より2時間遅れで、
ブラジル選手権Campeonato Brasileiroと来年のリベルタドーレス杯南米選手権を戦う新戦力を紹介した。

元アツレチコ・ミネイロex-Atlético-MGのGKブルーノBrunoと、スペインEspanhaの元ジェタフェex-GetafeのMFジャジャーJajáである。
2人ともミナス・ジェライス州出身者mineirosである。
ブルーノはベロ・オリゾンチBelo Horizonteで、ジャジャーはイパチンガIpatingaである。

2人はフラメンゴと来年のリベルタドーレス杯南米選手権の終了までの契約となっている。
権利は、エドゥアルド・ウラミEduardo Uramが持っている。

「ジーコZicoのフラメンゴFlamengoでプレイするためにやってきた。数々のタイトルを取ってきたクラブだ。 ものすごい数のファンのいるクラブだ」と、ブルーノBrunoは明言した。

----------------------------
1歳の時に、GKブルーノBrunoは両親が離婚して、母親が家を出て行った。
祖母ステラStellaに育てられた。
20年後、コリンチャンスCorinthianに行ってすぐに、サンパウロSão Pauloで母親を見た。
起きたことを思い出して感情が高まりながらも、ブルーノはより詳細な話しをした。

「とても短いコリンチャンスへの移籍だった。 そこで自分の母親に会った。 今彼女は自分と一緒にベロ・オリゾンチBelo Horizonteにいる。 今週、彼女はちょっとした手術をして、家で休んでいる。 自分の両親は離婚して、彼女は出て行った。 家庭内の喧嘩だ。 自分の祖母が自分を育ていた。 彼女が自分の母親だ」と、ブルーノ21才は明らかにした。

----------------------------
ブルーノの活躍を祈る。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その267 第21節終了。 | Main | サッカー:リカルド・オリヴェイラはミランへ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11714180

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その268 GKブルーノはフラメンゴへ。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その267 第21節終了。 | Main | サッカー:リカルド・オリヴェイラはミランへ。 »