« サッカー・南米杯2006 その4 サントス対クルゼイロ。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その286 ブッシュの兄弟が、コリンチャンスのファン。 »

quinta-feira, 7 de setembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その285 ルイゾンは万全でがないが出場。

FWルイゾンLuizãoは、身体の状態はよいのではないが、9月10日(日)のブラジル選手権第23節の対ボタフォゴ戦Botafogoにはグラウンドに出る。

ネイ・フランコNey Franco監督によると、ルイゾンは試合にずっと出場できる状態になっていることはないという。

「半ば爆弾のようなものを使うのは好まない。ルイゾンLuizãoが90分間持たないのを隠すことも出来ない。 もし彼が45分プレイできればそれでよい。 前半か後半かということを決定しなくてはならないが、自分は試合開始から彼を使う」と、ネイ・フランコは明らかにした。

ネイ・フランコは、いい状態でもないにもかかわらずルイゾンを使うかという質問に説明した。

「ルイゾンは身体の状態は完全ではない。 彼は試合すべてプレイすることは出来ない選手である。 しかし、ゴールをすることを知っている選手を必要としている。 ルイゾンLuizãoの歴史が全てを語っている。 ルイゾンLuizãoは我々のチームにとって重要である」と、ネイ・フランコNey Francoは明言した。

----------------------------
フラメンゴが、2006年のブラジル杯に優勝して、2006年のリベルタドーレス杯南米選手権の出場権を獲得したのは、2ヵ月ほど前である。
ネイ・フランコ監督は、知将ということになって、来年のリベルタドーレス杯南米選手権で、フラメンゴを率いることになるだろうと見られていた。

しかし、もうそんなことはすっかり忘れられている。

その後のブラジル選手権では、もっともゴール数が少ないチームとして、順位をどんどんと下げて、前節はとうとう降格圏に入ってしまった。

ネイ・フランコ監督の座が、次節の試合にはかかっているといえる。

ルイゾンに「ゴム草履」を履いていてもらうわけにはいかないのである。

|

« サッカー・南米杯2006 その4 サントス対クルゼイロ。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その286 ブッシュの兄弟が、コリンチャンスのファン。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11806152

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その285 ルイゾンは万全でがないが出場。:

« サッカー・南米杯2006 その4 サントス対クルゼイロ。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その286 ブッシュの兄弟が、コリンチャンスのファン。 »