« ブラジル・サンパウロの「共生」展 その4 | Main | サッカー:ニウマールのゆくえ。 その1 »

terça-feira, 19 de setembro de 2006

サッカー:ロマリオのゆくえ。 その1

9月19日火曜日の午後に行われる会議が、ロマリオRomárioの米国でのサッカーEstados Unidosが終わるのかどうかを決定する。

ロマリオBaixinhoが所属するマイアミFCMiami FCはすでにUSLでのシーズンを終えた。
しかし、クラブの社長ジュリオ・マリスJúlio Marizは年末まで親善試合を計画していて、ロマリオRomárioを必要としている。

「話し合う。 やることは知っている。 ロマリオRomárioがやりたいかどうか知らない。 ゴールを決めたいなら選手権かそれ以外をしなくてはならない。 我々の希望はこれから始める親善試合に彼を使いたいと言うことだ」と、ジュリオ・マリスはマイアミに戻る直前にニューヨークで話した。。

親善試合はロマリオRomárioが1000ゴールを決めるという大きな目標を達成する助けになる。
ロマリオは現在プロとアマチュアを含めて977ゴールである。
しかしヴァスコ・ダ・ガマの計算では984ゴールである。

ロマリオは9月30日までマイアミFCMiami FCと契約がある。
ブラジル人brasileiroのジュリオ・マリスJúlio Marizはロマリオに豪州のサッカー(アデレード・ユナイテッドAdelaide United)でプレイするというオファーがあると言った。
しかし、マイアミMiamiFCをロマリオRomárioが出て行くことが決まったわけではないと強調した。

ロマリオは、米国マイアミFCでは20ゴールを決めた。
19ゴールがUSLで、1ゴールは親善試合である。

----------------------------

|

« ブラジル・サンパウロの「共生」展 その4 | Main | サッカー:ニウマールのゆくえ。 その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオのゆくえ。 その1:

« ブラジル・サンパウロの「共生」展 その4 | Main | サッカー:ニウマールのゆくえ。 その1 »