« サッカー・ブラジル選手権2006 その280 セーザルとマグロンが正式に発表。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その282 コリンチャンス社長とボリス・ベレゾフスキー。 »

segunda-feira, 4 de setembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その281 マグロンと入れ墨。

コリンチャンスCorinthiansで正式に紹介された時に、ボランチのマグロンMagrãoはパルメイラスPalmeirasに関係する入れ墨は全くないことを見せるために、シャツを脱いで、問題を解決した。
Spd20060904d

「誰がそのような入れ墨の情報を売ったのかは知らない。 自分はシャツを脱いで、入れ墨がないのを見せた。ちょっとおかしな名声を得た。 自分の妻と子供についての入れ墨があるだけだ」と、マグロンは明言した。
Spd20060904e

マグロンMagrãoは入れ墨についての噂で神経質になっていた。
家族のフェスタでも話題になっていたと言った。

「着いてから、みんな自分についてはそればかりだ。 自分のいとこのフェスタに行った。 みんな入れ墨を見たがった。 シャツを着ずにいかなくてはならないところだった」と明言した。
Spd20060904c

紹介の終わったあとに、ファン組織のあるメンバーが選手に入れ墨が無いことを証明しろと近づいてきた。
マグロンMagrãoはまたシャツを脱いで、それをファンにあげた。

----------------------------
コリンチャンスとパルメイラスの対立は歴史的ななものだ。

コリンチャンスのファンは決して緑色の服を着ることはない。
多分死んでしまうはずだ。
殺されると言ってもいいはずだ。

コリンチャンスのファンがいるところでは、緑のものを身につけない方がいい。
やっかいなことはコリンチャンスのファン、ブラジルで一番多く。
特にサンパウロでは、どこにでもいる。

もちろんパルメイラスのファンも、負けず劣らずである。


|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その280 セーザルとマグロンが正式に発表。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その282 コリンチャンス社長とボリス・ベレゾフスキー。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11769046

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その281 マグロンと入れ墨。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その280 セーザルとマグロンが正式に発表。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その282 コリンチャンス社長とボリス・ベレゾフスキー。 »