« サッカー:ロマリオのゆくえ。 その1 | Main | サッカー:ロマリオのゆくえ。 その2 »

terça-feira, 19 de setembro de 2006

サッカー:ニウマールのゆくえ。 その1

コリンチャンスCorinthiansの社長アルベルト・ドゥアルビAlberto Dualib、副社長ネジ・クリNesi Curi、企業家レナット・ドゥプラRenato DupratそしてMSIの投資家が、リヨンLyonの弁護士と、ロンドンLondresで、ニウマールNilmarの将来を決める会議を行っている。
Spd20060906zo
(参考画像)
コリンチャンスCorinthiansは8百万ユーロの負債を2度(3百万ユーロを即時、5百万ユーロを1月)に分けて支払う提案をして、リヨンと合意に達することを希望している。
1月とはニウマールがグラウンドに復帰する時である。

8百万ユーロの支払いは今年の8月に決まった。
コリンチャンスCorinthiansが支払わないので、リヨンはこの件をFifaに通知した。

----------------------------
ブラジルBrasilにおけるリヨンLyonの代理人のマルセロ・ヂジアンMarcelo Djianは、
ニウマールNilmarの扱いについての会議が、リヨンの弁護士と
コリンチャンスCorinthiansの社長アルベルト・ドゥアルビAlberto DualibとMSIの投資家の間で、
ロンドンLondresで行われていることを知らないと言った。

「15時にリヨンLyonの役員に電話した。 彼は何も知らなかった。 弁護士達はこの会議について情報を流していない。 彼は何も起きていないと思っていた」と、マルセロ・ヂジアンMarcelo Djianは明言した。

公式サイトで、コリンチャンスCorinthiansの役員はリヨンの弁護士との会議があったし、8百万ユーロの負債を2回に分けて支払う提案をしたことを明言している。

「彼らはちょっと前にその提案をした。 しかしリヨンLyonは銀行保証を求めている。 彼らはニウマールNilmarの権利を負債を支払いが終わるまでは担保にすることを提案した。 リヨンの社長はそれが可能なのか弁護士と話をしたはずだ」と、マルセロ・ヂジアンは説明した。

-----------------------------
ニウマールの行方にも目が離せなくなってきた。

サンパウロFCが、ニウマールに関心があるという報道が、
9月18日(月)から出て来ている。

更に、ニウマールが
もうこういうごたごたに嫌気が差して、
コリンチャンスを出て行きたくなっているという。
当然だろう。

|

« サッカー:ロマリオのゆくえ。 その1 | Main | サッカー:ロマリオのゆくえ。 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ニウマールのゆくえ。 その1:

» [Nilmar/ニウマール]ニウマール情報 [Viva!Calcetto 秋鷹41]
近況 サッカー:ニウマールのゆくえ。 その1 移籍が完了して無い事が問題になってきた リヨンとしてもただで売るわけには行かない 秋鷹41は出て行くべきだと思う チームは上り調子でもテベスのマスケラーノもいない “ニウマール”個人を高めるには難しい環境になってきた... [Read More]

Tracked on domingo, 24 de setembro de 2006 14:17

« サッカー:ロマリオのゆくえ。 その1 | Main | サッカー:ロマリオのゆくえ。 その2 »