« サッカー・ブラジル選手権2006 その273 テベスは犬を持っていった。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その274 マグロンがコリンチャンスの選手と昼食をとった。 »

sábado, 2 de setembro de 2006

ブラジル・サンパウロは「冬」 その11 雷雨。

ブラジル・サンパウロの最近の天気について、最近あまり取りあげていなかった。

何というのか、
毎日暑いような寒いような日が続いている。

晴れていると、午後の2時間くらい暑くなり、
夕方から夜になるとぐっと冷えて寒くなる。
そんな日が続いている。

サンパウロは、夏でも夜は家の中では寒いと思うようなこともあるし、
夏と冬の違いとは何だろうと考えてみた。

一年中同じ様な服装をしている人はいっぱいいる。

別に紅葉があるわけでもない。

季節の変化がわかりにくいところだ。

確実にいえることは、「冬」には雨が極端に少ない。
2-3週間降らない日が続く。
そうなると湿度は20%を割るくらいになるし、
街も埃っぽくなる。

鉢植えの水まきが必要になるのや、
洗車の頻度が増すのや、
喉の渇きを感じて水を飲むのは、
むしろ冬のような気がする。

ただ、
「冬」らしいのは、
日中でも15度以下の日があることだ。
つまり、「冬」は寒い日があるということだ。
「夏」には、日中には寒いことはない。

寒い日になると、
セーターを着て、コートを着てという人が増える。
もちろん持っていないひとは着ない。

先日、サンパウロはこの「冬」でもっとも公式の気温が低くなった。
7.9度だった。

そして、
9月1日(金)。
昨日午後から雲が出て来ていて、
今日も雲がたれ込めていた。

でも、気温はそれほど低く感じなかった。
何かぬるい感じがしていた。

14時頃から、雲の厚みが増して、
空が暗くなり、風も強くなってきた。

そうして、15時30分過ぎから、
サンパウロの中心部では雨が降り始めた。

そして雷が鳴り、
一気に大降りになってしまった。

強い雨は1時間ほどで落ち着いた。

サンパウロは、9月23日に「春」になる。

とすると、今日の雷雨はちょっと早い「春雷」だったのだろうか。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その273 テベスは犬を持っていった。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その274 マグロンがコリンチャンスの選手と昼食をとった。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11729754

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「冬」 その11 雷雨。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その273 テベスは犬を持っていった。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その274 マグロンがコリンチャンスの選手と昼食をとった。 »