« サッカー・ブラジル選手権2006 その277 コリンチャンスとMSIの絆は強まった。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その279 ジョーが、コリンチャンスに戻ってくる。 »

segunda-feira, 4 de setembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その278 サンタ・クルーズの監督辞任。

サンタ・クルーズSanta Cruzの監督マウリシオ・シモンエスMaurício Simõesが、9月3日(日)のブラジル選手権第22節の対サンパウロFC戦での3対1の敗戦のあとに辞任した。

マウリシオ・シモンエスは、チームの指揮をやめて名誉を守りたい、社長のレミリト・ジャトバRomerito Jatobáはかれに続けるようにいったと言った。

「色々なことが悪かったならば、その職を返上する必要がある。 自分の人生は続くし、サンタ・クルーズSanta Cruzもだ。 監督は勝利のために生きている」と、マウリシオ・シモンエスは言った。
Spd20060812zb
(参考画像)

サンタ・クルーズSanta Cruz は、8試合勝利していない。
勝ち点18で、最下位である。

----------------------------
このマウリシオ・シモンエス監督は、第11節から指揮をとっていた。

ブラジル選手権では、すでに2人の監督が代わっていた。
次の監督で4人目となる。

マウリシオ・シモンエスは、1963年生まれで、43才。
監督業は30才から始めている。
ブラジル北東部のいくつかの州選手権のタイトルを、94年から
2000年を除いて、毎年とっている。
すでに13タイトルとったことになる。

----------------------------
9月7日には、
マウリシオ・シモンエス監督は、
セリエBのヴィラ・ノーヴァの監督に就任した。

ただし、このヴィラ・ノーヴァもセリエCに転落しそうなところにいる。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その277 コリンチャンスとMSIの絆は強まった。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その279 ジョーが、コリンチャンスに戻ってくる。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11757363

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その278 サンタ・クルーズの監督辞任。:

» 2006年カンピオナート・ブラジレイロ第22節 [GRAZIL_Brazil]
シュウェンク(exベガルタ)が得点ランキングトップに躍り出た22節。Cruzeiro 2-2 Figueirense2試合連続ゴールのシュウェンクが得点ランキングトップに。去年、シーズン終盤までロマー... [Read More]

Tracked on terça-feira, 5 de setembro de 2006 at 12:52

« サッカー・ブラジル選手権2006 その277 コリンチャンスとMSIの絆は強まった。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その279 ジョーが、コリンチャンスに戻ってくる。 »