« ブラジル・サンパウロの「小さな貼り紙」。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その5 »

domingo, 8 de outubro de 2006

ブラジル・サンパウロの「美術施設地図」

ブラジル・サンパウロは、人口1000万人の大都市である。
渋滞もひどく、平日は移動に大変に時間がかかる。

それに、地下鉄も発達していない。
肝心の施設を避けるかのように、路線が走っているかのように思えるくらいだ。

バスは縦横に走り回っているが、
旅行者はもちろん、住民だって、自宅付近の路線もよく知らないくらいだ。
それに、このバスも高級な住宅街は乗り入れていないくらいだ。
環境が悪くなるからだ。
住民は、車で移動するから、バスは必要ないというわけだ。

タクシーは、タクシー乗り場でも流しでも捕まえられるし、
市内中心部の移動であれば、そう高くもない。
でも、渋滞しているし、ちょっと遠方に行くと安くもない。

サンパウロは、道に一本一本固有の名前があり、
それが住所となっている。
良いところもあるが、その道がどこにあるのか知らないと、
何の意味もない。
地図上、大体どのあたりにあるのかでも前もってわかれば、
かなり安心できるのであるが、
そういう手段は限られている。

一般に市販されている地図には、
記載されている施設名は、多くない。

日本のように、
各社から便利な地図が競って発行されていることはない。
サンパウロに「ピア・マップ」があればと、
以前からずっと思っている。

でも、時々便利な地図を手にすることもある。

”MAPA DAS ARTES SAO PAULO”という
サンパウロの美術施設を紹介している地図である。
Spd20061003a

美術館やギャラリーの場所が地図上にマークしてある。

隔月刊である。

それぞれの美術館やギャラリーでの展示会の内容や
期間などを、裏面に紹介している。

拙宅付近では、
「ギリシアの神々展」を開催しているFAAPももちろんマークされている。
(クリックすると拡大する)
Spd20061003b

第27回サンパウロ・ビエンナルが開催されているイビラプエラ公園にも、
色々な施設があることがわかる。
Spd20061003c

地図の上部にはパウリスタ大通りを入れてみたが、
この地図の範囲を歩いていくことは、ちょっと無理だろう。


|

« ブラジル・サンパウロの「小さな貼り紙」。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12196976

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「美術施設地図」:

« ブラジル・サンパウロの「小さな貼り紙」。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その5 »