« サッカー・ブラジル代表 クウェート戦 その3 ブラジル出発。  | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その327 コリンチャンス、サントスに完敗。 »

quinta-feira, 5 de outubro de 2006

第27回サンパウロ・ビエンナル その3

第27回サンパウロ・ビエンナルは、10月7日(土)から一般公開が始まる。

このサンパウロ・ビエンナルと同時期に、市内各地で美術関係の催し物が行われる。

サンパウロ・ビエンナルの会場である、サンパウロのイビラプエラ公園のビエンナル館の正面入り口の前に、MAM(=Museu de Arte Moderna現代美術館)がある。
Spd20061003s

それほど規模が大きな美術館ではない。
元々サンパウロ大学のコレクションだった物を独立させるかたちで1960年に設立された美術館である。

この美術館には、レストランも付属している。
いつも、いかにもスノッブな人たちが食事をしている。
イビラプエラ公園で、落ち着いて食事が出来るのはここだけだと言っても良い。
Spd20061003t

このMAMが、1968年から1995年までに新たにコレクションとした物は、1943に過ぎなかった。
しかし、1996年からはより計画的に、積極的にコレクションを増やしてきて、現在4450のコレクションを収蔵しているという。

この収蔵品展が、10月3日(火)から、そのMAMの前にあるOCAで開催されている。
Spd20061003v

”mam[na]oca”という美術展である。
入場は無料である。
Spd20061003d

OCAはお椀を伏せたかたちをしていて、外から見るとそれほど大きな建物には見えないが中にはいると意外に広いことに気付く。
Spd20061003u

以前に、「100年のファッション展」、「着色された肉体展」や「恐竜展」が開催されたところでもある。

このOCAにも、MAMのショップがあった。
もちろんMAMにもショップはいつもある。
Spd20061003w

この「MAM収蔵品展」には、これが芸術かという作品もないわけではなかった。
「酔い」そうになった作品もあった。

左から、OCA、ビエンナル館そしてMAMである。
このあたりには、彫刻作品が点在している。
Spd20061003x
(クリックすると拡大する)

|

« サッカー・ブラジル代表 クウェート戦 その3 ブラジル出発。  | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その327 コリンチャンス、サントスに完敗。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12160095

Listed below are links to weblogs that reference 第27回サンパウロ・ビエンナル その3:

« サッカー・ブラジル代表 クウェート戦 その3 ブラジル出発。  | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その327 コリンチャンス、サントスに完敗。 »