« ブラジル・サンパウロの「共生」展 その26 | Main | サッカー:ロマリオが豪州入り。 »

segunda-feira, 16 de outubro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その334 笠井健太は先発したが。

10月14日(土)にアマゾナス州マナウスで行われた、サッカー・ブラジル選手権セリエB(=第2部)のサン・ライムンド対パウリスタ戦で、パウリスタの笠井健太は先発出場したようだ。

何しろパウリスタに関する情報は、非常に乏しいので、見つけるのが難しい。
勝敗はわかるが、出場選手などは、ほとんど報じられない。
セリエBでは、現在トップのアツレチコ・ミネイロに関する情報が一番多い。
アツレチコ・ミネイロは、昨年までずっとセリエAに所属していて、
はじめて降格した。
1年で、セリエAに復帰を目指して独走中である。

パウリスタは、
現在最下位のサン・ライムンドに、敵地マナウスで、4対1で敗れた。

試合は、録画放送を含めてもサンパウロでは放送されなかった。
わずかに、スポーツ専門チャネルのスポーツニュースの時間に、
試合の映像が30秒間流れた。
「20061014sporTVnews-BB30-SaoRaimund-Paulista.wmv」をダウンロード

それを見ると、
この試合では左のSBで出場した笠井健太は、
もしかしたら1点目のPKの原因になったファールをしたかもしれない。
不鮮明な映像で見る限り、選手の体型が似ているのだ。

記録によると、

笠井健太は、先発していることは間違いない。
ポジションは不明だ。
だが、イエローカードをもらっている。
そして、途中でマルコス・ヴィニシウスという選手と交代になっている。
共に、時間などは不明だ。

-----------------------------
ともかくも、出場したことは良いことだ。

だが、この敗戦でパウリスタは順位を4位から6位に落とした。
4位までが、来年セリエAに昇格できるのだ。

-----------------------------
とうとう、
ご本人の「笠井健太」さんからも、コメントをいただいた。

滅多なことは書けなくなった。

正確であるように、努めるしかない。

|

« ブラジル・サンパウロの「共生」展 その26 | Main | サッカー:ロマリオが豪州入り。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12316656

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その334 笠井健太は先発したが。:

« ブラジル・サンパウロの「共生」展 その26 | Main | サッカー:ロマリオが豪州入り。 »