« ブラジル・サンパウロは「春」 その2 10月15日 | Main | ブラジル・サンパウロの「共生」展 その27 »

terça-feira, 17 de outubro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その335 コリンチャンス対サントス戦 観戦。

10月5日(木)20時30分から、サンパウロのパカエンブー競技場で行われた、ブラジル選手権第27節コリンチャンス対サントス戦を観戦した。

いつものように、試合開始前の少し前に行くのではなく、
25分くらい前に付くように家を早く出た。
平日でもあるし、観客の到着は遅れ気味だ。

よく見かける「コリンチャンス大好き」おばあさんだ。
この日は孫は居なかったが、女性の連れはいた。
Spd20061005zd

どこかのテレビ局の女性レポーターが、観客席にいた。
Spd20061005ze

観客を取材していた。
Spd20061005zf

もちろん、あのおばあさんにも取材していた。
Spd20061005zg

バンデイランテス局Rede Bandeirantesの取材だった。
Spd20061005zh

サントスの選手の紹介が始まった。
もちろん、それだけで、競技場内には罵声が飛ぶ。
しかし、この試合はサントスのファンもかなり多かったので、歓声も多かった。
ついこの間までブラジル代表だったゼ・ロベルト。
Spd20061005zi

サントスの監督は、ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ。
Spd20061005zj

ロドリゴ・タバタは、この日も控えだった。
Spd20061005zk

そして、コリンチャンスの監督はエーメルソン・レオン。
Spd20061005zl

そして、コリンチャンスの選手が入ってきた。
先頭は、MFロジャー。
Spd20061005zm

競技場の真ん中で、観客に向かって挨拶。
Spd20061005zn

久しぶりに、観客席にユニフォーム型の横断幕が広がった。
このあたりまでは、非常に良い雰囲気だったのだが。
Spd20061005zo

コリンチャンスの控えの選手達。
Spd20061005zp

線審の1人が、Fifa公認資格も持っているアナ・パウラ・オリヴェイラ。
美人だと言われて、テレビのスポーツ番組にも頻繁に出演しているが、
そうでもないと思っている。
女性審判の中では美人ということか。
もっと美人もいる。
Spd20061005zq

以前に気付いたのだが、
このアナ・パウラ・オリヴェイラは、かなりの「貧乳」。
主審の資格を取るために必要なので、
足を速くするために贅肉を落とすようにトレーニングをしているので、
このようなのかそれとも元々なのかは不明。
ブラジル女性でも、稀に貧乳のかたもいるが、
本当に珍しい。
アナ・パウラ・オリヴェイラは、サンパウロ州サッカー協会の所属。
本来は、ブラジル選手権では、サンパウロ州のチームの審判はしないが、
この試合のように、サンパウロ州のチーム同士の時は
審判を務める。
Spd20061005zr

エーメルソン・レオン監督が、いつものようにマスコミに囲まれる。
Spd20061005zs

サントスの選手達が入ってきて、サントスのファンに挨拶。
いつもとは違って、
パカエンブー競技場の南側ゴール裏のトボガンといわれる席が全て
サントスのファン専用席となった。
Spd20061005zt

サントスの控えの選手達。
一番左がロドリゴ・タバタ。
Spd20061005zu

マスコミに囲まれるヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督。
Spd20061005zv

キック・オフは、コリンチャンスから。
3番は、左SBセーザル。
7番は、MFロジャー。
サントスの9番は、FWウェリントン・パウリスタ。
Spd20061005zw

真ん中のサントスの選手は、ロドリゴ・チウイ。
その右は、MFマグロン(横浜マリノスから移籍)。
Spd20061005zx

試合が始まってすぐに、
正GKのファビオ・コスタが、肩を痛めてしまった。
交替のGKフィリッピに指示をするヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督。
フィリッピは18歳だ。
Spd20061005zy

サントスのMFゼ・ロベルト。
テレビで見たのと同じ顔。
Spd20061005zz

手前は左SBセーザル。
そして、サントスのゼ・ロベルト。
Spd20061005zza

FWアモローゾが、審判にちょっと物言いをしているが無視。
サントスの選手は、チリ代表のDFマウドナード。
Spd20061005zzb

MFマグロンと、サントスのゼ・ロベルト。
Spd20061005zzc

女性レポーターは、試合中も観客席を撮り続けていた。
Spd20061005zzd

MFマルセロ・マットスと、サントスのゼ・ロベルト。
Spd20061005zze

女性レポーターは、正面から見るとこんな顔でした。
Spd20061005zzf

DFマルキーニョスと、サントスのゼ・ロベルト。
Spd20061005zzg

いつもダンディーなヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督。
このスーツは、昨年マドリで購入したものか。
とすると、ロエベかな。
もちろん練習中は、ジャージ姿だ。
Spd20061005zzh

サントスが先取点をあげた。
Spd20061005zzi

コリンチャンスの選手が、主審に文句を言っても言うだけ無駄。
顔が見えるのはFWアモローゾ。
Spd20061005zzj

サントスのファン専用席。
試合中ずーっと元気だった。
Spd20061005zzk

前半30分過ぎに、判定に文句を言って、
4番目の審判に告げ口されて、退場になったエーメルソン・レオン監督。
この人、退場が多い。
グラウンドの中を突っ切って出て行った。
Spd20061005zzl

後半前に入ってきた、コリンチャンスの控えの選手達。
見るからに元気がない。
Spd20061005zzm

サントスの選手達は、なんか姿勢が良い。
特に一番右のロドリゴ・タバタは楽しそうだ。
Spd20061005zzn

サントスのゼ・ロベルト。
やっぱり、違いを見せてくれました。
また、欧州に戻るのだろうか。
Spd20061005zzo

MFマルセロ・マットス。
Spd20061005zzp

サントスのDF陣。
堂々としている。
一番手前はゼ・ロベルト。
靴が黄色だから、よく目立った。
その後ろは、チリ代表のマウドナード。
Spd20061005zzq

MFマルセロ・マットスが転がっている。
左に、いつもまにか出場していたサントスのロドリゴ・タバタがいた。
Spd20061005zzr

この日のパカエンブー競技場。
Spd20061005zzs
(クリックすると拡大する)

有料入場者数は、21,143人。
それほど多くはなかった。
平日だから仕方がない。
Spd20061005zzt

MFロジネイ。
良い選手なんだが、体が小さくよくつぶされる。
Spd20061005zzu

FWアモローゾ。
球をくれと、合図している。
Spd20061005zzv

MFロドリゴ・タバタのアシストで、
MFゼ・ロベルトが、3点目を決めた。
左がゼ・ロベルトで、右がロドリゴ・タバタ。
Spd20061005zzw

結局、3対0で、
コリンチャンスは完敗。
Spd20061005zzx

試合終了前になると、
競技場の中が何とも不穏な雰囲気になってきたので、
警察がヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督の側に寄ってきて、
なにやら相談を始めた。
コリンチャンスのファンを挑発するなということだろうが。
Spd20061005zzy

MFロジャーと、サントスの左SBクレーベル。
Spd20061005zzz

|

« ブラジル・サンパウロは「春」 その2 10月15日 | Main | ブラジル・サンパウロの「共生」展 その27 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12317779

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その335 コリンチャンス対サントス戦 観戦。:

« ブラジル・サンパウロは「春」 その2 10月15日 | Main | ブラジル・サンパウロの「共生」展 その27 »