« サッカー:リカルド・オリヴェイラの姉が誘拐された。 | Main | ブラジル・サンパウロの「共生」展 その17 »

quarta-feira, 4 de outubro de 2006

サッカー:ニウマールのゆくえ。 その6 会議の結論は無し。

ニウマールNilmarとコリンチャンスCorinthiansのドラマの終わりは、またもう一度先送りになった。

コリンチャンスの社長アルベルト・ドゥアリビAlberto Dualibと、ニウマールの代理人オルランド・ダ・オーラOrlando da Horaと、リヨンLyonの代理人のマルセロ・ヂジャンMarcelo Djianの会議は、10月4日(水)の午後遅く行われたが、この件の終わりは無かった。


この話の次の舞台は欧州になるに違いない。
MSIの社長のキア・ジョオラビシアンKia Joorabchianが、リヨンLyonの役員や弁護士と、交渉を行う。
コリンチャンスTimãoは、すでに2百万ユーロをリヨンに支払った。
そして、すぐに3百万ユーロを支払い、残りの5百万ユーロを1月に支払うと提案してた。
支払いの保証のために、MSIはニウマールNilmarの権利そのものを提示している。

-----------------------------
更に、オルランド・ダ・オーラは、ニウマールとコリンチャンスの契約は、来年の7月までだと言っている。
コリンチャンスはもっと長期を求めている。

-----------------------------
ニウマールNilmarの将来についての混乱は、終わりが見えない。
この10月4日(水)にニウマールの代理人オルランド・ダ・オーラOrlando da Horaは報道の見方に不満を示し、インテルナシオナウInternacionalといかなる交渉も進んでいないと言った。

コリンチャンスCorinthiansの監督エーメルソン・レオンÉmerson Leãoは、インテルナシオナウColoradoはすでにニウマールNilmarをベイラ・リオBeira-Rioに戻すためにオルランド・ダ・オーラに小切手を送ったと明言した。
オルランド・ダ・オーラは交渉は全く何もないと保証した。

ニウマールNilmarのベイラ・リオBeira-Rioへの復帰の可能性についての件は、先週の金曜日にニウマールがポルト・アレグレPorto Alegreにいるときに、インテルナシオナウに行き、元のチームにいつの費か戻りたいと明言してからである。
しかし、インテルナシオナウcoloradoの社長のフェルナンド・カルヴァーリョFernando Carvalhoはニウマールとの契約は難しいと言った。

「ニウマールNilmarは偉大なプレイヤーである。 彼と契約するのは夢である。 しかし我々のファンに誤った期待を持たせられない。 ニウマールはインテルナシオナウの基準を超えている。 どうやっても払うことは出来ない」と語った。

-----------------------------
どんどんと騒ぎが大きくなってきた。

グラウンドを駆け回り、ゴールを決めていたニウマールが懐かしい。
ニウマールは、依然として、今シーズンにコリンチャンスで一番ゴールを決めた選手である。

|

« サッカー:リカルド・オリヴェイラの姉が誘拐された。 | Main | ブラジル・サンパウロの「共生」展 その17 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12158005

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ニウマールのゆくえ。 その6 会議の結論は無し。:

» [Nilmar/ニウマール]ニウマール情報 [Viva!Calcetto 秋鷹41]
近況(10/4) サッカー:ニウマールのゆくえ。 その6 会議の結論は無し。 高まってしまったニウマールの価値 それが皮肉にもニウマールの自由を奪ってる インテルナシオナルのアイドルに戻る望みはないようだ ... [Read More]

Tracked on sábado, 21 de outubro de 2006 at 19:56

« サッカー:リカルド・オリヴェイラの姉が誘拐された。 | Main | ブラジル・サンパウロの「共生」展 その17 »