« ブラジル・サンパウロの「共生」展 その15 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その2 »

terça-feira, 3 de outubro de 2006

ブラジルのプレイボーイ誌の「元スチュワーデス」

ブラジル最大のマスメディアグループのGLOBO局が、月曜日から金曜日まで、深夜最終ニュースの後に放送している”Programa do JO”という番組。

かなりデブのフクロウのような司会者が、この番組を仕切っている。
Spd20060925a

この司会者がジョー・ソアレスJo Soaresといって、
毎日2-3組のゲストを迎えての、公開トーク番組となっている。
洒脱な会話と音楽が魅力の上質の番組である。
1時間ほどの番組である。
Spd20060925b

米国のCBSか何かの
Late Night Showの焼き直しのような番組だ。

このジョー・ソアレスは、
元々はコメディアンである。
それも、ドタバタしたものであった。
今はもう、そういったことはやっていない。

だが、数カ国語を話すという特技を持っている。
親の関係で、子供の頃にスイスで過ごしている。
英語、フランス語、スペイン語は話しているのを見たことがある。

昨年は、小説まで出版した。
割と売れていたようだ。

実は、普段はこの番組は見ていない。
上質の洒落た番組であることはわかっているのだが、
その時の人を呼んでのトークの内容は、かなり理解が難しい。

政治や、芸術などが多いのだが、
元々そちらを動向を理解していないと、
何についてこの番組で話しているのかが
ちんぷんかんぷんなのである。

だけども、
9月25日の番組は見てしまった。
ゲストが、3人の素敵な女性だったからである。
Spd20060925c

それも、文化人でも何でもない。
Spd20060925d

9月が旬の人たちである。

何故、この人達が
スチュワーデス(=女性客室乗務員ではちょっと堅いイメージ)の制服のような
ものを着ているか。
これで、勝負をしたからだ。
Spd20060925f

この人達は、
先日までバリグVarigと言う航空会社の社員で、スチュワーデスであった。
ヴァリグは、ずっとブラジル最大の航空会社だったのだが、
経営不振で遂に分割されて、競売になり、人員カットの憂き目にあった。
つい2ヵ月ほど前のことだ。
Spd20060925g

彼女たちも、職を失ったというわけだ。

だが、綺麗な人には、ちゃんと別の出番がある。

この3人は、プレイボーイ誌ブラジル版の9月10日発売号の
プレイメイトになったのだ。

なんでも、雑誌のエージェントから話があってなどと、
こういういきさつをトークで話していた。
Spd20060925h

バリグでは、どの路線に業務していたかという話もしていた。

まだ、給与の一部をもらっていないとかという、
悲しい話もあった。

これから、学校に行ってなどと将来も語っていた。
彼女たちは、大体20代後半だった。
さすがに、ヴァリグの機体を使っては、撮影はしていない。
サイテーションを借りて、撮影をしたそうだ。

素人なので、話の内容はあまりたいしたことはなかった。

番組で、そのプレイボーイ誌に掲載されている写真を次々と見せてくれた。
深夜とはいえ地上波の番組なので、写真の一部はカットされていたようだ。
プレイボーイ誌なので、それほど過激な写真はもともとないはずである。
掲載された全ショットを見せてくれたのではないかと思うほどの、枚数を紹介していた。
雑誌が売れなくなるというのは杞憂だろうか。
Spd20060925i
Spd20060925j
Spd20060925k
Spd20060925l
Spd20060925m
Spd20060925n
Spd20060925o
Spd20060925p
Spd20060925r
Spd20060925s
Spd20060925t
Spd20060925u
Spd20060925v
Spd20060925w
Spd20060925x
Spd20060925y

このプレイボーイ誌は、今もまだ店頭に並んでいる。
所詮、素人の女性達なので、あまり売れていないのではないかと思う。
来月号が出ると忘れられてしまいそうだ。

ただ、ブラジルでも「元スチュワーデス」には多少は神通力があるのかと思った次第である。
ちなみに、
男性客室乗務員はどうなったかは知らない。

パイロットは、
航空需要が急激に伸びている中国などに出稼ぎに行っているものも多いと言うことだ。

-----------------------------
日本でも
週刊現代などで、
元○○はよく見るパターンだ。

スチュワーデスはもちろん警官、自衛官、丸の内OL。

大体どこかに消えている。

-----------------------------
ブラジルのプレイボーイ誌は、まだ権威がある。
プレイメイトになって表紙を飾るのは、晴れがましいことのようだ。
割と有名な人が表紙を飾ることも多い。

この企画も雑誌発売の3週間ほど前に、
ちょっとした話題になって取り上げられていた。

------------------------------
ブラジルの女性客実乗務員に、こんな女性ばかりがいると思ったら、
大きな間違いである。
念のために申し添えておく。
まず、いない。


|

« ブラジル・サンパウロの「共生」展 その15 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その2 »

Comments

こんにちは。
ヴァリギはこれからどうなるんでしょうか。
国内線乗換えでサンドイッチをもらった日が懐かしいです。

sao-pauloさんのブログを拝読するようになってから、
こういう写真を見るのに耐性(?)がついたようで、
ポルノではあるけど、bumbumはブラジル文化の一つなんだな、
程度にしか思わなくなりました。(よいのだろうか。)

政治、スポーツ、よもやま話から「いい写真」まで
タイムリーにブラジルを知ることが出来るので大変ありがたいです。

Posted by: rosa-sharon | quarta-feira, 4 de outubro de 2006 at 07:03

>rosa-sharon様
この写真程度でポルノという範疇ですか。
まあ、番組も自主規制していたので、芸術ではないかもしれないけど。
Playboy誌と彼女たちにとっては、ポルノではないと思います。
ブラジルは、「身体はどんなものであれ美しい」と思っている人が多いのではないかと思います。
堂々とした妊婦の腹なんか最たるものです。
最初はびっくりしましたが、これこそ完全に耐性が出来ました。
だから、、露出しない方が良いのではと言う人までが、割と平気で、胸も腹も尻も露出するのではないかと思います。

Posted by: Sao Paulo | domingo, 15 de outubro de 2006 at 00:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12132811

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルのプレイボーイ誌の「元スチュワーデス」:

« ブラジル・サンパウロの「共生」展 その15 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その2 »