« サッカー:ロマリオがツゥピーと契約 その5。 | Main | サッカー:フラメンゴが米国ロサンジェルスで親善試合。 »

quarta-feira, 11 de outubro de 2006

サッカー:ロマリオがツゥピーと契約 その6。

ツゥピーTupi-MGのジェネラル・マネージャーのアントニオ・ブラーガAntônio Bragaは、ロマリオRomárioがミナス杯Taça Minasで戦うことが出来るように、ツゥピーは戦うと保証した。

ロマリオBaixinho自身も法的な問題でツゥピーでは活動できないことを知っているのだが、アントニオ・ブラーガはロマリオが10月12日(木)のセッチ・ラゴアスSete LagoasのデモクラタDemocrata戦に出場する期待を持っている。

「エラルド・パリャッサEraldo Palhoçaとラウロ・フォルツーナLauro Fortunaという2人の弁護士をリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroに送った。 ブラジルサッカー協会CBFと話して、ロマリオの状況を合法にするためだ。 海外から来たと言っても、ロマリオRomárioは外国人プレイヤーではないし、仕事をしたがっている。 自分の仕事をする市民を止めることは誰も出来ない」と、アントニオ・ブラーガは言った。

「スポーツの熱情の範囲で全て試みる。 普通の法廷Justiça Comumには行かない」と保証した。

---------------------------
ブラジルでは、このような変な理屈を平気で言い出す人がいる。
自分が属している組織のルールを平気で超越している。

こういう理屈を言い出す人は、本当に多い。
上から下まで、みんなこんなことを言う。
最初はあっけにとられるが、
そのうちに同様の理屈を持ち出すようにすることで対抗するようになる。

だが、ブラジルではこのような理屈が認められたりすることも少なくない。

人間が決めた決まりを人間が変更することについて、かなり鷹揚だ。
ある意味、当たり前のことだ。
人間は、規則の奴隷ではない。

もちろん限度があるのだが。

ブラジルは、どこまでも人間中心の国だ。

|

« サッカー:ロマリオがツゥピーと契約 その5。 | Main | サッカー:フラメンゴが米国ロサンジェルスで親善試合。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオがツゥピーと契約 その6。:

« サッカー:ロマリオがツゥピーと契約 その5。 | Main | サッカー:フラメンゴが米国ロサンジェルスで親善試合。 »