« 2006サンパウロ自動車ショー その1。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その342 サン・カエターノの新監督ドリヴァウ・ジュニオールがやってきた。  »

sexta-feira, 20 de outubro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その341 ルイゾンは「止めよう」とまで、悩んでいる。

ブラジル選手権でフルミネンシFluminenseに4対1と大勝した時からプレイすることが出来ず、フラメンゴFlamengoのFWルイゾンLuizãoは10月17日(火)のトレーニングの時に心を打ち明けた。

ルイゾンは、両足の怪我が続いていることによりこうも時が止まってしまうことに疲れており、厳しい批判を受けて傷ついている。

「時々止めようかと考える。 人生でやることはわからない。 ケガによって別の空気になり、芝生から長期に離れて、疲れた。 もっと怒るべきだという人がいた。 もっと大事に扱われる刺客がある。 世界チャンピオンで、色々なタイトルも取った。 今年が終わったら家族とすぐに休みに入り、やるべきことを静かに考える」と、ルイゾンLuizãoは明言した。

ルイゾンは、ボタフォゴ戦Botafogoでの右足の怪我のあとに3ヵ月戦列を離れた。 治療のあと、試合のリズムを掴んだ時に、また新たにフルミネンシFluminense戦で今度は左足に痛みを感じた。

「チームから離れているのは悲しい。いまだに足に違和感がある。 だからトレーニングシューズを履いている。
サッカーシューズでは痛みがひどくなる。 自分としては週末に試合に戻りたかった。 しかし難しいと思う。 100%になった時に戻りたい。」

-------------------------------
サンダルを履いているのではないようだ。

|

« 2006サンパウロ自動車ショー その1。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その342 サン・カエターノの新監督ドリヴァウ・ジュニオールがやってきた。  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12350998

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その341 ルイゾンは「止めよう」とまで、悩んでいる。:

« 2006サンパウロ自動車ショー その1。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その342 サン・カエターノの新監督ドリヴァウ・ジュニオールがやってきた。  »