« サッカー・ブラジル選手権2006 その386 サンパウロFCのムリシー・ラマーリョ監督の契約更新。 | Main | ブラジル・サンパウロのナタル2006 その3 巨大なクリスマスツリー。  »

quinta-feira, 23 de novembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その387 インテルナシオナウが、世界クラブ杯のことを考え始めた。

インテルナシオナウInternacionalは、ブラジルのことより日本のことを考え始めた。
今週初めから、トレーニングで使うボールは世界クラブ選手権Mundial de Clubesで使われるものになった。
すでに、ワールドカップCopa do Mundoで使われたものである。
より小さくて、軽く、選手には喜ばれていない。

ブラジル選手権の残り2戦の対パルメイラスPalmeiras戦とゴイアスGoiás戦ためのトレーニングでもそのボールは使用される。
技術委員会は選手達に、11時間の時差になれるようにするとお願いした。
インテルナシオナウは、夜にトレーニングを行い、選手達にベッドに向かう時間を出来るだけ遅らせるように頼んだ。

日本のファンは、ロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho GaúchoがいるのでバルセロナBarcelonaを応援するだろう。
日本でプレイし、今週ベイラ・リオで講演したブラジル人のワグネル・ロペスWagner Lopesの助言では、インテルナシオナウは簡単な方法でファンを自分の方に引きつけるようにするべきだ。
ファンが選手へ接触するを自由にし、キーホルダーchaveirosや帽子bonésなどを配ることだという。

「インテルナシオナウの色は、日本の旗の色と同じということもあって、こういった方法は大衆を引きつける最高の機会である」と、ワグネル・ロペスは指摘した。
彼は、話すことが出来る。
17年間日本にいて、日本に帰化し、1998年にはワールドカップCopa do Mundoで日本代表になった。

ワグネル・ロペスは今はパウリスタの監督補佐であり、試合のコメントをするように日本のテレビに呼ばれており、放送の時は、インテルナシオナウのユニフォームを着ると約束した。

-----------------------------
ワグネル・ロペスのご託宣が当たればいいのだが。

インテルナシオナウなんて、日本では誰も知らないだろう。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その386 サンパウロFCのムリシー・ラマーリョ監督の契約更新。 | Main | ブラジル・サンパウロのナタル2006 その3 巨大なクリスマスツリー。  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12790888

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その387 インテルナシオナウが、世界クラブ杯のことを考え始めた。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その386 サンパウロFCのムリシー・ラマーリョ監督の契約更新。 | Main | ブラジル・サンパウロのナタル2006 その3 巨大なクリスマスツリー。  »