« サッカー:ロマリオがヴァスコ・ダ・ガマに戻る。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」 その8 不安定な天気。 »

terça-feira, 7 de novembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その362 MSIはカルロス・アルベルトの処分に納得せず。

 コリンチャンスとMSIが、また争いに入った。
今回は、理由はコリンチャンスCorinthiansの社長によるMFカルロス・アルベルトCarlos Albertoに対する出場停止処分である。
この方法は、コリンチャンスTimãoのパートナーであるMSIが合意していなかった。
公式文書で、投資基金MSIは29日間もカルロス・アルベルトを外すことについての説明を求めることを明らかにした。

カルロス・アルベルトに関する問題は、南米杯の対ラヌースLanús (ARG)戦でコリンチャンスCorinthiansが4対2で敗れた時から始まった。
この時に、カルロス・アルベルトCarlos Albertoは交替させられた後にエーメルソン・レオンEmerson Leão監督と喧嘩をして、その後チームから外された。

先週、カルロス・アルベルトは彼のために契約されたトレーニングに現れずに、ロンドンLondresに行ってMSIの社長のキア・ジョオラビシアンKia Joorabchianと話をした。

「MSIはカルロス・アルベルトCarlos Alberto選手に関するスポーツ・クラブ・コリンチャンス・パウリスタSport Club Corinthians Paulistaの役員による一方的な決定に合意しない。公式にこれに抗議する」と、公式文書で発表した。

これとは別に、MSIはカルロス・アルベルトCarlos AlbertoがMSIとの契約に基づいて系ケツをしようと正しく動き、ブラジルで起きた問題について海外で会議をしたことを理解している。 コリンチャンスとカルロス・アルベルトにもこの文書を発送した。

--------------------------------
コリンチャンスとMSIの契約は、丁度2年前に締結されて、期限は10年間。
良い関係が続いたのはわずか半年もなかったのではないか。

コリンチャンスに関する問題のかなりの部分に、MSIとの問題がある。

MSI社長のキア・ジョオラビシアンは、今年の6月からロンドンに居座り続けて、サンパウロには戻ってきていない。

|

« サッカー:ロマリオがヴァスコ・ダ・ガマに戻る。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」 その8 不安定な天気。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12602561

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その362 MSIはカルロス・アルベルトの処分に納得せず。:

« サッカー:ロマリオがヴァスコ・ダ・ガマに戻る。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」 その8 不安定な天気。 »