« ブラジル・サンパウロの路上に生きる子供達 その11 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その376 フラメンゴはコリンチャンスとは違う。 »

sábado, 18 de novembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その375 第36節コリンチャンス対フルミネンシ。

サッカー・ブラジル選手権の第36節コリンチャンス対フルミネンシ戦が、11月18日(土)18時10分から、サンパウロのパカエンブー競技場で行われる。

試合開始2時間前くらいから何となく周辺はざわめいてきたが、それだけだ。

試合開始前40分でも、競技場に向かう観客はあまり多くない。
列も出来ていない。

時折、花火の音がして、拙宅の犬がうろたえているだけだ。

2006年のコリンチャンスの試合は、この試合を含めて、あと2試合だ。
12月3日(日)の最終節第38節の試合が、最後の試合である。

コリンチャンスは、降格圏に入る危険性はまず無くなった。
11位だから、来年の南米杯への出場圏内にいる。
0.5%の確率でリベルタドーレス杯の出場圏内にも入る可能性はあるらしいが、それは無理だろう。
この試合も、コリンチャンスのジュニア出身の選手を使うようだ。
17歳のファグネルが最年少だ。
それに、ウィリアム、ウィルソン、ダニエリなどが出場するはずだ。

フルミネンシは、16位だから、降格圏すれすれだ。
本気にならなくてはならないのは、フルミネンシの方だ。

30分前になったので、出かけることにする。

-------------------------------
(コリンチャンスの先発と控え)
Spd20061118a
Spd20061118b
(フルミネンシの先発と控え)
Spd20061118c
Spd20061118d

試合は、1対1の引き分けだった。
Spd20061118e

コリンチャンスが、前半開始2分くらいでゴールを決めた。

これで、このままうまくいくと多分全ての観客が思っただろうが、そうはいかなかった。

前半35分くらいに、同点にされた。

後半は、凡戦。

20時にもなると、競技場には涼しい風が吹いて気持ちよかった。

約1万人の観客は、大不満であった。

若手の中でもウィリアムは凄い。
実に器用だし、足も速いし、試合をよく見て球を出す。
ケガをしないで成長して欲しいものだ。

|

« ブラジル・サンパウロの路上に生きる子供達 その11 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その376 フラメンゴはコリンチャンスとは違う。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12739108

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その375 第36節コリンチャンス対フルミネンシ。:

« ブラジル・サンパウロの路上に生きる子供達 その11 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その376 フラメンゴはコリンチャンスとは違う。 »