« サッカー・ブラジル選手権2006 その394 第37節終了。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」 その18 11月25日、26日。 »

domingo, 26 de novembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その395 ワシントンが、パルメイラスに戻ってくる。

FC東京FC TokyoにレンタルされていたFWワシントンWashingtonが、日本Japãoでの期間を終了してパルメイラスPalmeirasに戻ってくる。

ワシントンは、12月末までの契約であったが、腿の筋肉のケガをして、2008年までの契約があるパルメイラスに戻ってきた。

ワシントンWashingtonの復帰によって、ジャイール・ピセルニJair Picerni監督は、2007年はチームに6人のFWを抱えることになる。
ワシントンWashington以外に、監督はエヂムンドEdmundo、マルシーニョMarcinho、エニウトンEnílton、ロジャー・シウヴァRoger Silva、ネット・バイアーノNeto Baianoを使える。

-----------------------------
マルシーニョが日本行きを断ったという話題がある。

パルメイラスが日本へ売ろうとしたが、本人はまだ25歳で、日本には行きたくない。
行くなら欧州だと言ったそうだ。

正論だろう。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その394 第37節終了。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」 その18 11月25日、26日。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12842091

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その395 ワシントンが、パルメイラスに戻ってくる。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その394 第37節終了。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」 その18 11月25日、26日。 »