« 第27回サンパウロ・ビエンナル その27 作品16。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その384 クレーベル・レイチが、カルロス・アルベルトの代理人と会う。 »

quarta-feira, 22 de novembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その383 グレミオのマノ・メネゼス監督留任。

ブラジルCampeonato Brasileiro選手権でのグレミオGrêmioの素晴らしい戦いによって価値が上がった、グレミオの監督マノ・メネゼスMano Menezesは、2007年末までグレミオとの契約を更新した。
監督の留任は、11月21日(月)に社長によって確認された。

午前中のプロチームの活動を指揮したあとに、マノ・メネゼスは社長のパウロ・オドーニPaulo Odoneの部屋に呼ばれた。
会議には、サッカー部門の担当者パウロ・ペライピPaulo Pelaipeも同席した。

これで、来期もマノ・メネゼス監督が留任することが確実になった。
マノ・メネゼスMano Menezesは、2倍以上の給与を受け取るはずである。

-----------------------------
名門グレミオだが、2004年にセリエBに降格が決まった。
2005年には、セリエBで優勝して、
2006年にセリエAに復帰した。

そのチームが大した補強もないのに、セリエAで堂々の3位。

マノ・メネゼスは2005年に監督に就任している。
給与が2倍以上というのは当然だ。

|

« 第27回サンパウロ・ビエンナル その27 作品16。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その384 クレーベル・レイチが、カルロス・アルベルトの代理人と会う。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12789133

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その383 グレミオのマノ・メネゼス監督留任。:

« 第27回サンパウロ・ビエンナル その27 作品16。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その384 クレーベル・レイチが、カルロス・アルベルトの代理人と会う。 »