« サッカー・ブラジル選手権2006 その392 サンパウロFCのミネイロまでも鹿島アントラース。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その31 作品20。 »

sábado, 25 de novembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その393 セリエB終了。

2006年のサッカー・ブラジル選手権のセリエBの最終節の第38節の10試合すべてが、11月25日(土)16時から行われた。

アツレチコ・ミネイロの優勝はすでに決定していた。

全日程を終了して、セリエAへの昇格4チームと、セリエCへの降格チームが決まった。
昇格は、
アツレチコ・ミネイロ、スポルチ、ナウチコ、アメリカ(リオ・グランジ・ド・ノルチ州)である。
アツレチコ・ミネイロは、1年でセリエAに復帰を決めた。
ナウチコの復帰は12年ぶり。

降格は、パイサンドゥ、グァラニー、サン・ライムンド、ヴィラ・ノーヴァである。

パイサンドゥは、2005年にはセリエAから降格し、そして2006年にはセリエBからも降格と、急降下をしている。

笠井健太選手が所属しているパウリスタは、最終戦で勝利して、アメリカと勝ち点61で並んだが、勝ち試合数で及ばす5位となり、昇格は実現しなかった。
終盤に、ホームでの試合を何試合か落としたのが痛かった。

(最終節の第38節終了後の順位)
Spd20061125a


|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その392 サンパウロFCのミネイロまでも鹿島アントラース。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その31 作品20。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12826606

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その393 セリエB終了。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その392 サンパウロFCのミネイロまでも鹿島アントラース。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その31 作品20。 »