« サッカー・ブラジル選手権2006 その369 第33節コリンチャンス対サンタ・クルーズ戦観戦 1 チアガール。 | Main | ブラジル・サンパウロの自損事故 その7 »

terça-feira, 14 de novembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その370 カルロス・アルベルトはフラメンゴへ。

コリンチャンスのMFカルロス・アルベルトが、2007年のフラメンゴFlamengoの新加入選手となるかもしれない。
フラメンゴFlamengoが、2007年にカルロス・アルベルトを使いたいと打診した。

フラメンゴの役員達と同様に、カルロス・アルベルトは交渉を確認していない。
しかし少なくとも6ヵ月だけでも、フラメンゴでプレイする可能性を示した。

「フラメンゴFlamengoから打診があったのは誇りである」と、カルロス・アルベルトは言った。

フラメンゴと合意するかどうか疑問がある時に、カルロス・アルベルトCarlos Albertoだけが笑っている。
カルロス・アルベルトとMSIに関係する他の選手達(MFロジャーRoger、DFセバSebá)の契約は、この火曜日に固まることになる。
フラメンゴFlamengoのサッカー担当副社長のクレーベル・レイチKléber Leiteが、ロンドンLondresにいるMSIのメンバーと会うからだ。

契約の可能性は別にして、フラメンゴの役員はGKブルーノBrunoのレンタル契約の延長を試みている。
ブルーノはフラメンゴRubro-Negroに残ることに関心があることをすでに示している。

-------------------------------
元々フルミネンシ出身のカルロス・アルベルトは、まだ21歳。
かなりおっちょこちょいだ。
喋りすぎ。

だから、エーメルソン・レオン監督とぶつかった。
フラメンゴに行っても、早晩ネイ・フランコ監督とぶつかることになりそうだ。

コリンチャンスに移籍したかしないかのうちに、フラメンゴに行ったブルーノ。
来年のシーズン最初に行われるリオ・デ・ジャネイロ選手権で優勝でもして、価値を上げて、また別のクラブに移ると言っている。

-------------------------------
フラメンゴは、2006年のブラジル杯で優勝したので、
2007年のリベルタドーレス杯南米選手権の出場権を得ている。

リベルタドーレス杯南米選手権は、来年1月に始まるので、
それに向けて選手を捜しているところだ。
クレーベル・レイチが英国に行ったのも、そういう背景がある。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その369 第33節コリンチャンス対サンタ・クルーズ戦観戦 1 チアガール。 | Main | ブラジル・サンパウロの自損事故 その7 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その370 カルロス・アルベルトはフラメンゴへ。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その369 第33節コリンチャンス対サンタ・クルーズ戦観戦 1 チアガール。 | Main | ブラジル・サンパウロの自損事故 その7 »